ワンナイト型とリピーター型 自分に合ったセフレを見つける方法

「セフレの関係」について皆さんはどう思いますか?

きっと人によってその印象は大きく違うのではないかと思います。もしかすると、人によっては「セフレの関係なんて大きな声では言えないわよね・・」と後ろめたいイメージや、恥ずかしいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。ですが、女性のおおよそ三割は「セフレの関係を持ったことがある」のです。つまり十人いれば三人はセフレという「体だけの関係」を経験したことがあるのです。

セフレを作るのは男性側のイメージがどうしてもありますが、実際はそんなこともないみたいですね。では女性がセフレを作るにあたって、気を付けるべきことにはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

今回は、あなた自身が快適にセフレの関係を続けていく上に必要な、「自分に合ったセフレスタイル」について紹介したいと思います。

そもそもセフレには二種類(ワンナイト型とリピーター型)あるんです!

さて、まずはこちらです。皆さんはセフレにも二種類のセフレのスタイルがあることをご存知ですか?

ワンナイト型

ワンナイト、つまり一晩限りの関係です。二度目はありません。一度セックスを目的に時間を共にした後は何もなし。一番あと腐れのないスタイルと言えるでしょう。

リピータ型

リピーター、つまり一度セフレの関係を結んだら、その後はある一定の期間セフレの関係をキープすること。どちらかと言えばこのタイプの方が多いのではないでしょうか。

この二種類のセフレのスタイルは、それぞれにメリットデメリットがあるわけですが、中でも一番大きな違いは、「常に相手を探し続ける必要がある」のか、「しばらくはこの相手がいるから安心できる」のか、という点でしょう。つまり、ワンナイト型はその日セックスを楽しんだら、また次にセックスがしたくなったときにはその時に一から相手を探さなければならないということです。もうお分かりだと思いますが、このワンナイト型のセフレスタイルを楽しむには、ある程度自分自身が積極的でなければ不可能と言えるでしょう。

ワンナイト型が向いている女性はこんな人

さて、ここからはもう少し細かく見ていきましょう。「ワンナイト型のセフレ」が何となく大変そうなのはイメージが出来たかと思います。しかしワンナイト型のセフレが向いている女性というのは多いのです。それでは、どんな女性に向いているのでしょうか。特徴としては下記の三つです。

積極的で冒険好き

積極的で、かつ冒険好きな女性というのは、同じ相手とばかりセフレの関係を続けることに対して物足りなくなってしまいます。そして、その積極的な性格故にどうしても次から次へと異性と知り合って仲良くなるチャンスが絶えません。

惚れっぽい

次に、惚れっぽい女性というのもワンナイト型が向いている女性と言えるでしょう。このタイプの女性は結構多いのではないでしょうか。「何度も体の関係を重ねていくと、情が湧いてしまう」「だんだん自分のものにしたいと思ってしまう」そんな気持ちがわいてくるのは、ある意味自然なことです。ただ、セフレという関係において、恋愛感情は厄介なのです。恋愛感情が芽生えた時点で、そのセフレ関係が微妙にバランスを崩してしまいます。ワンナイト型のセフレスタイルはこのようなリスクが極めて少ないので、惚れっぽい女性には特におすすめだと言えるのです。

飽きっぽい

そして、飽きっぽい女性ですね。同じ相手とセックスすることに対して「彼氏じゃなくてセフレなんだから特定の相手に絞るのもなぁ」と思う女性もいるでしょう。つまり飽きてしまうんですよね。こういう飽きっぽい女性にももちろんワンナイト型はおすすめです。

リピーター型が向いているのはこんな人

では、逆にリピーター型が向いているのはどんな人でしょうか。下記の三つの中に当てはまるものがあれば、あなたにはリピーター型が合っていると言えるでしょう。

人見知り

人見知りの女性には、ワンナイト型のセフレ関係はきわめて難易度が高いです。なぜなら毎回毎回相手を探して回らないといけないのですから、それはそれは大変なことです。人見知りの女性にとって、相手がセフレであっても心を開くのには少し時間がかかります。もちろん、相手はセフレなので心を開く必要がないと言えばそれまでですが、少なくとも慣れることは必要ですよね。その点リピーター型なら回数を重ねるごとに上手く慣れていくことが出来るので、人見知りの女性には合っていると言えます。

安心感を求める

セフレの相手に対して、セックスはもちろんのこと「男性といる安心感」を求めたい女性も多いのではないでしょうか。その安心感をワンナイトのセフレに求めるのは少し苦しいですよね。やはり何度かリピートしているセフレの男性であれば、一緒にいて落ち着けると感じることも出来るでしょう。安心感を求める女性にも、リピーター型がおすすめです。

しっかり恋活もしたい

大切なポイントなのですが、セフレに対して安心感まで求めていながら、一方ではきちんと「ちゃんとした恋人」も探したい女性にはリピーター型がおすすめです。なぜなら、ワンナイト型の場合は「セフレ」も探し続けなければなりませんから、「彼氏候補」を常に探したいと思っている女性には不向きだと言えるでしょう。

ワンナイトセフレを見つける方法は?

ここまで読んでいただいたら、あなたが「ワンナイト型」もしくは「リピーター型」どちらのセフレを探すべきか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

ここからは、「ワンナイト型のセフレを見つけるための方法」についてお伝えしていきたいと思います。

ワンナイト型のセフレ、世の中の女性がどのようにして知り合っているかというと主なきっかけは下記の三つです。

出会い系のサイト・アプリで見つける

実はこの出会い系サイト・アプリで見つけるというのが圧倒的多数なのです。

特にこのようなワンナイト型の場合に至っては、相手の細かい素性が分からなくても別に構わないという意見も多く、逆に女性側もあまり自分のことを知ってもらう必要がないと思っていることが多いため、全く知らないところから知り合う「出会い系」利用がぴったりなのです。

 

合コンなどの飲み会で知り合う

やっぱり多いのが、「お酒の絡む席で知り合う」パターンですね。

こちらは、飲み会や合コンで男性と知り合い、「付き合うとかはないけど、ちょっとタイプかも」なんて気持ちになれば、そこからセフレに発展することだって大いにあります。

ただ、この場合共通の知人がいたりするケースもありますから(特に合コンの場合)そのあたりは注意しなければなりません。

ナンパから発展

ナンパというのは、以前に比べて少し減ったのかもしれません。

というのも出会い系のSNSが活発化したことにより、行き当たりばったりで女の子にどんどん声をかけるという、原始的なナンパをする男性を見ることが少なくなったと感じるからです。

とはいえ、まだナンパに励む男性はいます。このナンパからセフレの関係に発展することも珍しくありません。元は赤の他人同士なわけですから、あと腐れもありません。

リピーターセフレを見つける方法は?

それでは、逆にリピーター型のセフレを見つけるにはどうしたらよいのでしょうか。こちらの方が少し難しいかもしれませんね。

なぜならワンナイト型は毎回見つけなければならない不便さはあるものの、後のことは何も考えないで済みますので、見つけること自体の難易度はそう高くないからです。

では、リピーター型のセフレがいる女性はどのようにしてその男性と知り合っているのでしょうか。

もともと友達だったor職場の同僚

結構多いのが、こちらです。友達関係にある男性や、職場の同僚など、つまり「最初から知っている男性」を相手にするケースです。

何かのはずみで体の関係を持ってしまい、もともと知っている相手だからこそ何となく居心地が良くなってしまい、リピーター型のセフレ関係に落ち着いてしまうパターンですね。

元カレ

驚きの事実ですが、多くの女性が元カレとセフレ関係になっているようです。

一度は過去に真剣に付き合っていた彼、もう元に戻りたいという気持ちはなくても、体の関係だけは続けてしまうというケースです。

これは間違いなく「居心地の良さ」が理由になっていると言えるでしょう。もともと交際していた二人だからこそ、何も気を遣わずにすみますからね。

ワンナイトのつもりがずるずる・・

先ほどの項目に挙げた、「ワンナイト型のセフレの見つけ方」のような成り行きで、セフレ関係を結んだ男性と、なんとなく二回目三回目と続けてしまうというのがこちらのパターンです。

「ワンナイト型で頑張ってきたけれど、もう次を探すのも大変だし、とりあえずこの人としばらく一緒にいようかな」となってしまうのでしょうね。自然な流れだと思います。

ワンナイト型とリピーター型、どちらが恋愛に発展しやすい?

「セフレという関係から、恋愛に発展することはありえるのか。」

これは永遠のテーマですよね。多くの人がこの点について考えては悩み、もやもやした気持ちを持っていたのではないでしょうか。

結論から言います。「セフレから恋愛に発展することは十分にありえます。ただ、簡単なことではないです。」これが回答です。つまり、セフレの関係になっているのですから、相手の男性から見てあなたは「抱きたい女」だることは確かです。それが「抱きたいだけの女」で終わってしまうかどうかはあなた次第なのです。

 

ワンナイト型とリピーター型で分けて考えると、やはりリピーター型の方が関係が深まりますし、見方によっては付き合っている恋人同士のように見えなくもないですから、恋愛に極めて近いように感じるかもしれません。

ただ、実際のところ「リピーター型のセフレ関係に落ち着いてしまってからは恋愛に発展しにくい」というのが現実です。相手の男性は、求めているものがもう手に入ってしまっているからです。

なので、「彼のこと、好きになってしまうかも」とちょっとでも思ったのであれば、可能な限り早い段階でセックスする関係を一旦ストップさせることが肝心です。そして「え?もう会えないのかな」と相手を不安にさせてください。そこから始めるしか方法がないのです。

 

つまり、ワンナイト型であれば一度のセックスの後に、仕切り直して「恋人候補」としてアプローチを仕掛けることは大いに可能なのですが、リピーター型の場合は関係が長く続けば続くほど、セフレから恋人への路線変更は難しくなると言えるでしょう。

リピーター型ならルールを明確にしよう

ワンナイト型はシンプルです。一度のセックスで終わりです。難しいのはリピーター型なのです。リピーター型のセフレ関係を続けるのならば、必ず「恋人みたいにならないように」ルールを明確にしなければなりません。

少なくとも、下記の二つは必ず守りましょう。そうしなければセフレと恋人の違いが曖昧になってしまい、あなた自身も混乱してしまい兼ねません。

必要以上に長く一緒にいない

セフレですから、セックスのために時間を共にするのは当然です。ただ、それ以上に長く彼の家にいたり、一晩滞在したりするのは止めましょう。そして、出来ることならばあなたの家に彼を上げないようにしたほうがいいかもしれません。これもセフレと恋人の境界線をはっきりさせるためのルールとして、是非守っていただければと思います。

相手のことを詮索しない

彼女ではなくセフレなのですから、相手の彼が今何をしているのか、誰かほかの女性と会っているのかなど、詮索するのはタブーです。お互いに詮索しあわないことが大切です。これをやってしまうと彼の方も窮屈に感じてしまい、せっかくのいい関係も崩れてしまい兼ねません。

まとめ

ワンナイト型のセフレ、リピーター型のセフレ、あなたにはどちらのスタイルが魅力的に映りましたか?セフレを作るのは、悪いことではありません。

浮気をしていない限り、誰も不幸にならないからです。セックスにはたくさんの恩恵もあります。健康にも美容にもいいことばかりです。快適なセックスライフを送るために、あなたにピッタリのセフレ君が見つかりますように。応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング