藤子・F・不二雄ミュージアム~よみうりランドデートおススメの行動プランと注意点【中級者向け】

【中級者向け】藤子・F・不二雄ミュージアム~よみうりランドデート

皆様、ドラえもんはお好きですか?

幼い頃は多くの人に夢を与えてくれたであろう人気アニメドラえもんの作者である藤子・F・不二雄さんのミュージアムが今回のデートの舞台です。

そんな夢溢れるミュージアムに、今回は人気遊園地のよみうりランドも合わせて楽しくデートしましょう!

もしかすると、このスポットに対して子供が行く場所というイメージをお持ちかも知れませんが、大人が言っても十分に楽しめますのでご安心ください。

今回は実際に筆者が以前このスポットでデートをした際のプランをベースに紹介していきます。季節によってはもしかすると楽しみ方が変わるかもしれませんが、その辺りは都合に合わせて予定を変更して貰えたらと思います。是非最後までお付き合いください!

 

こんな人におススメ

まずは[ドラえもん(もしくは藤子作品)が好きな人]にはお勧めでしょう。

ココに行かなくては見ることが出来ない物も展示されていたりと、ファンなら確実に楽しめると思います。

幼少期に好きだった人なんかにもお勧めで、実際筆者はしばらくドラえもんなどは観ていないという状態で行ったのですが、それでもかなり楽しむことが出来ました。

どこか懐かしさを感じつつデート相手と、とても盛り上がりました。

今まではよく知らなかった藤子作品と出会うことも出来たりするので、少しでも好きだった時代がある方、今も好きな方なら本当にお勧めです。

次に[遊園地が好きな人]にもお勧め出来ると思います。

よみうりランドは、筆者自身正直行くまでは少し舐めていました。

ですが行ってみて驚きです。

「めっちゃ楽しい!」んです。

その時のデート相手が、遊園地好きな方だったのですが「よみうりランド?遊園地好きだけど行ったこと無いし、楽しいのかな?」なんて言ったのですが、実際に行ってみたらかなり楽しんでくれていました。

もちろん感想は人それぞれだとは思うのですが。

ただ、もし今まで避けていた遊園地好きな方は、是非遊びに行ってみてください!。

冬ならイルミネーション、夏ならプールなどが結構盛り上がっているので、そういった時期によって顔を変えて、違った楽しみ方が出来るのも魅力だと思います。

ディズニーなんかと比べると派手さは無いですが、穴場的遊園地と思って頂ければと思います。

最後に[ちょっと気分を変えたい人]にもお勧めです。

普通のデートには飽きた、遊園地って言ってもディズニーとかは最近行ったばっかりって相手が言っていたなど。

なにか少し気分を変えたいなって言うときには今回のプランを利用して貰えればと思います。

完全に一致していなくても、少しでも自分に重なる部分があれば、是非参考にしてみてください!

 

プランで利用するスポット

続いては今回のデートプランのメインスポットを紹介していきます。

チケットなどに関しても触れているので、チェックしていきましょう!

 

登戸駅

小田急線もしくはJR南武線の登戸駅です。

この駅から藤子・F・不二雄ミュージアムまでの直行バスが出ています。

10分程度で到着出来るので、是非利用してください。

ちなみに向ヶ丘遊園駅からも徒歩で行けますが、バスで行ってしまったほうが楽ですし、道に迷うことも無いので、今回は登戸駅からバスで行く前提でプランを紹介していきます。

 

藤子・F・不二雄ミュージアム

住所:神奈川県川崎市多摩区長尾281

今回のメインの1つです。

このミュージアムは藤子・F・不二雄作品に関する展示物を観覧できる素敵なミュージアムで、大人から子供まで楽しめる施設になっています。

ただ1つ注意点があって、事前にチケットを日時指定で購入しておく必要がありますので、それに関してココで触れておきます。

まず[チケット購入はローソンのロッピーでのみ行えます]

料金は大人、大学生が1000

中学、高校生は700

休館日が毎週火曜日と年末です。

購入したチケットごとに、1日4回に時間が分かれています。

入ってしまえば、入れ替え制では無いため、閉館時間まで自由に過すことが出来るので、急かされたりすることは御座いませんのでご安心ください。

入館時間の指定は

  1. 10時00分
  2. 12時00分
  3. 14時00分
  4. 16時00分

に分かれていて、それぞれの時間帯全て[30分後が入館の締め切り時間]ですのでご注意ください。

 

詳しくは公式サイトでチェックして頂くことをお勧めします!

館内にはカフェもありますので、そちらでランチを楽しむことが出来ます。

ドラえもんの世界に出てくるアンキパンの見た目をしたフレンチトーストなど、ちょっと嬉しくなるようなメニューもあるので、是非利用して見ましょう。

他にも少しでも藤子・F・不二雄作品に触れたことがある人であれば、ワクワクするような物が散りばめられていますのでこの機会に味わってみてくださいね。

 

よみうりランド

住所:東京都稲城市矢野口4015-1

小田急線読売ランド前駅という駅があるので、大体このあたりなのかーというくらいには把握している人も多いと思われるスポットです。

実は筆者は駅を降りたらすぐによみうりランドがある!と思っていました。

ですが実際はそこからバスに乗る必要があるので、一応覚えておいてください。

駅近くの小田急バスのバス停から10分ほどの距離なのでそこまで遠くは無いです。

行く時間帯にもよりますが、乗り物に多く乗る予定なら、ワンデーパスやナイトパスなどの、乗り物乗り放題の物を購入するのがお勧めです。

ただ、パスでは利用できずに別料金設定の物もありますのでご注意ください。

その辺りは入園の際に一応相手と相談を忘れずに。

「別にそんなに乗りたくなかったのに」なんて後から言われてしまうとがっかりしますからね。

 

このよみうりランドでは[グッジョバ!!]という、生活密着型の4業種にスポットライトを当てて、それをアトラクションを通じて工場での製造などを体感できるニュータイプのエリアが人気を集めています。

自分だけのオリジナルの日清焼きそばUFOを作れるアトラクションなどもあり、少し変わったアプローチから遊園地を楽しむことが出来るので、新感覚で楽しめると思います。

他にもジェットコースター[バンデット]なども有名ですよね。

筆者の思い出としては、以前友人と行った際に、「これなら怖くなさそうだから乗ろうよ!」といわれて[ループコースターMOMOGA]という1回転するコースターに乗ったのですが。

1回転するとは知らずに乗り込んでしまい、いざスタートするかどうかというタイミングで「まあコレ1回転するんだけどね()」と言われた時の衝撃は今でも忘れられません。

正直1回転した恐怖よりも、「オレ騙された!」という衝撃が勝ってしまいました。

皆様はデート相手にこんなことはしないようにしてくださいね!

他にも充実したアトラクションがまだまだありますので、是非楽しんでくださいね。

 

筆者:今回はメインの2つのスポットをメインに紹介したのですが、実際筆者がデートで利用した時は他のスポットに寄り道はしませんでしたので、この辺りを抑えておけば問題ないと思います。後は移動のルートだったりをしっかり確認するようにしてくださいね!

このスポットを選ぶ理由は?

今回のプランで、このスポットを採用した大きな理由は[比較的空いている]ということです。

土日や平日で差はあると思いますし、藤子・F・不二雄ミュージアムに関しては多少の混雑は覚悟が必要です。

ただ、よみうりランドに関して言えば、ディズニーなんかかと比べた場合には人の込み具合は落ち着いている印象でした。

勿論それなりに待ち時間もあるのですが、筆者は土日、平日両方デートで利用したことがあるのですが、ストレスが掛かるような待ち時間というのは無かったように感じます。

どこでもそうだとは思いますが、平日の利用しやすさは特に抜群でした。

運などもあるでしょうし、絶対ではありませんが、そもそもの規模を見比べて、ディズニーやUSJなどよりも、混雑面で利用しやすいということは言えると思います。

あくまでも個人の感想ではあるので、万が一凄く混雑していることなども考えられます。

その際はご了承ください。

一応1つ言っておきたいのは、決してよみうりランドを悪く言っている訳では無いので、そこも勘違いしないで頂けると助かります。

 

おススメの行動プラン

それでは今回のプラン紹介をしていきます!

色々と書いてきましたが、実際にデートするとなるとやることはかなり単純です。

実際に筆者が辿ったコースを紹介するのですが、所々デートする方にお任せする場面も出てきます。手を抜いている訳ではなく、状況次第というのが強いので、ご了承ください。

 

事前準備

コレだけは絶対と言うことを伝えておきます。

上でも触れましたがミュージアムのチケットの事前購入です。

当日[現地で購入は出来ない]ので絶対に忘れないでください!。

平日なんかだと当日朝にローソンに行っても購入できる場合がありますが、土日などは売り切れる可能性もありますので、予め余裕を持って購入しておいた方が良いでしょう。

よみうりランドに関しては当日現地で問題ないのですが、藤子・F・不二雄ミュージアムのチケットは絶対に忘れないでくださいね。

デートが台無しになってしまいます。

 

まずは登戸で待ち合わせ

最初に向かう藤子・F・不二雄ミュージアムへの直通バスが出ているためこの駅を選んでいます。

一応スタート地点という位置づけです。

ココに来るまでの道のりで、もし住んでいる場所が近かったりする場合はその最寄からだったり、乗り換え地点の駅でだったり、待ち合わせ場所は調整しても問題ないです。

時間は、ミュージアム入場を10時のブロックで設定していますので、登戸には930分には居れるくらいで設定すると良いと思います。

少し余裕を持って行動できたほうが良いので。

合流もしくは到着したら、早速バスでミュージアムを目指しましょう!

 

いざ!藤子・F・不二雄ミュージアム

ミュージアム到着すると、開館まえであれば入り口に並んで待ちましょう。

入館の際はチケットと引き換えに、説明などをしてくれる秘密道具風の機材を渡されます。

その機材が展示品などの説明なんかをしてくれるので、知らない作品に関する展示物でも楽しめると思います。

機材を受け取って中に入ったら、まずはカフェを目指すのがお勧めです。

早くない?と思った方もいると思いますが、こういったミュージアムなどにあるカフェはかなり込みます。

ましてやお昼時なんてごちゃごちゃで、12時入館の人たちもくるので、ゆっくり出来ないんですよね。

なので入館したらまずはカフェを目指して、遅めの朝食?早めのランチ?にしてしまいましょう。

せっかく来たなら、そこでしか食べられない物を食べたほうが思い出にも残りますしね。

 

相手にも事前にその予定は伝えておくと良いと思います。

少しでも長く一緒にいられるように、余裕持って行動が出来るようになどの理由もありますが、このカフェを楽しむことを前提として10時のブロックで予定を組んだというのが実は大きいです。

ゆっくりカフェを楽しんだらいよいよ館内を散策しましょう。

一応順路は設けられていますので、入り口付近に戻って順々に回っていくのが良いと思います。

ちなみに、展示物に関しては、基本は写真撮影が出来ません。

撮影しても大丈夫なものは付近に記載がありますので、確認は忘れないようにしましょう。

一通り見終わったら、ショップでお土産などをチェックして、次の目的地を目指していきます。

ミュージアムの所要時間は、本当に人それぞれだと思います。

ちなみにですが筆者の場合は10時に入って、出たのは1330分から1400分くらいでした。

この辺りは当日の込み具合などにもよりますし、相手との相談なども忘れずにしてくださいね。

 

よみうりランドへ

バスで駅に戻り、小田急登戸から3駅先の読売ランド前駅を目指しましょう!

そこからさらにバスに乗ってよみうりランドを目指します。

バス停までの経路は事前に調べておくことをお勧めしますが、分からなければ駅で聞けば親切に教えてくれました。

ちなみに、小田急バス[01]京王よみうりランド駅行、というバスに乗ることになると思います(もしかすると時間帯により異なるかもしれません)

 

よみうりランドでデートの締め!

入る時間にもよりますが、16時以降だとお得なナイトパスがある場合もあります(時期などによって異なる可能性はありますので要確認)

色々とプランが用意されているので、当日の気分で決めると良いと思います!

受付の方も丁寧に説明してくれると思うので、気になることは確認しましょう。

チケットを購入したらいよいよ園内へ。

相手の乗りたいものなどを聞きながらゆっくり楽しんでくださいね。

 

満足行くまで遊んだらあとは帰路に付きましょう。

一応ワンポイントとして、入園前に帰りのバスは調べておくと良いと思います。

夕飯などを食べる場合は、読売ランド前駅に戻ればいくつか飲食店がありますので、そこで食べて解散という流れでも良いでしょう。

コレにてデート終了です。

プランの紹介は以上です。行動がある程度限定されているので、道順や交通アクセスなどを把握してしまえば、迷ったりすることは少ない印象です。筆者自身とても楽しめたデートプランでもあるので、興味がある方は是非試してみてください!

 

このスポットでの注意点

今回のプランを利用してデートをする場合、それなりの移動時間がありますし、正直メインのスポット以外には、殆ど何も無いと言っても良いくらいの勢いです。

中級者向けのプランということで、ご理解は頂けていると思いますが、初デートには当然不向きです。

それなりに関係が進行して、仲良くなっていることが条件になってくると思うので、そこはご理解ください。

ちなみに、今回のプランを女性の友人に実際に紹介して、どのくらいの距離感でならデートが上手くいきそうかということを聞いてみましたので、目安にして貰えたらと思います。

注意点というと少し違うかもしれませんが、1意見として参考にして頂けると幸いです!

 

「コミュニケーションがちゃんと取れる相手」

まずはコミュニケーションということが大きなポイントみたいですね。

会話が変な風に途切れないか、そして会話が途切れても気まずくならないか、などの会話系のコミュニケーションが取れる相手かどうかは重要だそうです。

移動が多かったりすることもありそういった部分のコミュニケーションに不安がある場合は、失敗するリスクがあるのではないかということでした。

それをお互いが見極められる位にはデートを重ねておく必要がありそうです。

「男の人は会話に不安があると、やたらと質問をしてきたり、無理に会話をしようとしちゃうんだけど、それされるとなんとなく距離感がよそよそしく感じるし疲れる」

「だからせっかく仲良くなれたかなと思っていても、このデートが切っ掛けで冷めちゃうなんてこともあるんじゃないかな」

などの意見を頂けました。

男性側としては頑張って取り繕おうとしてるのですが、相手にはバレているんですね。

筆者も気をつけます。ある程度お互いのことを知れている状態が望ましいのでしょうね。

 

「女の子側から連絡をするくらいの距離感」

例えばLINEなどをしていて、一旦会話が途切れたとしましょう(おやすみ!などで)

その際に後日、女性側から連絡がスタートするくらいの関係性ならこのプランのデートも成功しやすいのではないかということでした。

とは言え女性も様々。

全く持って自分からは連絡しない人もいるでしょうし、そもそもそういったツールが苦手な人もいるでしょう。

ですが女性から連絡をするということは、それだけ脈ありのサインなんだとか。

単純に友達として連絡をしている場合もあると思いますし、多少偏った意見ではあると思うので、あくまでも1意見として読んでくださると助かります。

1つ言えることは、基本的に連絡のスタートが男性側からが殆どで、一方通行だと明らかに感じる距離感の場合は、もし誘いに乗ってくれたとしても、逆に関係が悪くなることも考えられるということは言えると思います。

全ての人に当てはまることでは無いので、自分の相手がどんなタイプなのかを伺いながら判断してみてくださいね!

 

以上が大まかではありますが友人から頂いた意見です。

正直筆者だけでは感じることの出来なかった感覚もいくつかあり、とても参考になった部分もありました。

人と会話して初めて気が付くことってありますし、恋愛について意見を交し合うのって自分のためになったりするんですよね。

皆様も恋愛トークをしてみると、今の自分の恋愛だったり、新しい視野だったり、発見もあると思うのでチャンスがあれば同姓、異性は問わないので試してみてください。

 

最後に

今回のプランはお互いの距離感次第で、楽しめるかどうかが決まるデートになるのかなと思います。

このデートが上手く行ったら、少しは恋人関係に近づけているのかも知れません。

少しずつステップアップしてきていると思いますし、このままの勢いで恋が実ると良いですね。

1人でも多くの方の幸せに協力出来るように、自分自身も日々成長できるようにしないといけませんね。一緒に頑張ってハッピーな恋愛が出来るように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング