新旧下町巡り!スカイツリー&浅草デートおススメの行動プランと注意点【中級者向け】

【中級者向け】新旧下町巡り!スカイツリー&浅草デート

東京で人気の観光スポットである浅草とスカイツリー。

今回はそんな2つのスポットを組み合わせたデートプランを紹介していきます。

浅草とスカイツリーは距離が近いので、合わせて利用しやすいというのがポイントになってくるでしょう。

人気スポット同士を1日掛けて跨ぎながらのデートということで、想像するだけでワクワクしてきませんか?きっと相手も同じように楽しみにしてくれるはずです。そんな素敵な予感のするデートプランを、筆者の体験を下に紹介していきます!ぜひ最後までお付き合いください。

 

こんな人におススメ

今回のプランは正直なところかなり無難なデートと言えるでしょう。

スポット自体がそもそも王道ですからね。

ですので、[まだデートに不安はあるけど、少し内容はステップアップしたい!]という人にはお勧めです。

一応今回は中級者向けとしてプランを組んでいるのですが、行動もシンプルですし、人気スポットでのデートなので誘いやすさもあります。

そういう意味でも全体的なハードルは多少低いでしょう。

ただやはりスポット間を移動することや、必然的にそこそこ時間を拘束してしまうことを考えると、初デートには向かないかも?ということも言えます。

そういったことをトータルで考慮したときに、初デートとまでは行かなくても、初心者の方が少しステップアップしたいと思ったときにチャレンジにはし易いデートなんではないかというのが理由です。

 

[デート相手が地方から出てきた人]の場合にもお勧め出来るでしょう。

社会人の方でも、学生の方でも、東京近郊以外の場所から来ている人と出会うケースというのも結構あると思います。

その相手がもしもこのどちらかに行ったことが無いという場合は、相手にもとても楽しんで貰えるのではないでしょうか。

観光ついでのデートというイメージで、誘いにも応じて貰いやすい印象があります。

あくまでも筆者個人の感想なのですが、比較的そういうケースでは反応が良かったので参考にしてみてください。

 

最後に[夜景が見たい]というニュアンスのことを相手が言っていた場合にもとてもお勧めです。

時間帯を調整することで、夜のスカイツリーで夜景を楽しむことが出来ますからね。

夜景を見るというアクションに特別感を演出できるスカイツリーはきっと喜んで貰えると思うので。

相手の話をしっかり聞いておくこと、そういったワードを引き出すこと、など少し事前のデートやメール、LINEなどの会話も大切になってきます。

なのでデートでいっぱいいっぱいの状態では少しハードルが高いと思うので、ちょっと慣れてきたなと思えて、余裕を持てるくらいの時期にこのプランでのデートをするのが丁度いいでしょう。

 

以上のことに少しでも当てはまる物があればデートを楽しんで貰えると思います。ぜひチャレンジしてみてください!

周辺の注目スポット:スカイツリー周辺スポット

この項目では浅草周辺の情報をメインで記載していきます。

スカイツリー周辺のスポットに関しては簡単な紹介にしますが、別記事に詳しく書いていますのでぜひそちらを参考にしてみてください。

東京スカイツリー

とても有名で人気の高いスカイツリー。

誰もが知る有名スポットですよね。

昼と夜で景色の雰囲気が変わるスポットなので、複数回訪れてもとても楽しめるスポットだと思います。

目の前に行くと想像以上の高さにはじめての人は衝撃を受けるのではないでしょうか。

デートでもとても利用しやすいスポットです。

住所 東京都墨田区押上1-1-2

 

東京ソラマチ

スカイツリーに隣接している大型商業施設です。

とても広く、豊富な店舗(施設)があるので、デート中には時間の調整などもしやすくとても便利ですよね。

ソラマチだけでも十分にデートを楽しめるくらいに充実しているので、抑えておけば安心感もあると思います。

住所 東京都墨田区押上1-1-2

 

周辺の注目スポット:浅草周辺

浅草は日本の下町として有名なスポットです。

スカイツリーが新しい下町などと呼ばれることもありますが、浅草は対照的に古き良き下町の雰囲気が魅力のスポットと言えると思います。

国内外問わずに観光客も多く、いつ行っても賑わっている印象です。

下町ならではの活気や雰囲気は、とても心躍ります。

そんな素敵な町、浅草の注目スポットは以下の通りです。

浅草寺

浅草といえばまずはココでしょう!

雷門や仲見世など、この名物に溢れ、日本の情緒漂う素敵なスポットです。

本道では観音様も飾られています。

仲見世ではちょっとした食べ歩きやお土産などの楽しさもあり、観るだけではない楽しみも魅力の1つでしょう。

いつ行ってもとても混雑している印象があり、人混みが苦手な方は少し辛いかも?。

初心者向けのデートとしてこの浅草を紹介しなかったのも、そこに理由があり、ある程度デート相手と信頼関係が築けている必要があると感じているからです。

土日などでとてもなく混雑しているときは疲労感を覚えますし、会話などでコミュニケーションを取れないとその後の関係に影響してしまう可能性がありますからね。

ですがそういったこのスポットをデートで利用するマイナス面も、相手との関係次第では解消することも出来ると思っています。

ある程度デートを重ねることで相手に気遣いをする余裕も生まれますし、その相手との会話のポイントだったりも理解出来ているでしょうから。

ただ逆に言えばそういった相手との距離感だけでも理解出来ていれば十分に楽しめるスポットということです。

それ以外に複雑なことは必要ないので、少しでも仲良くなれたかな?と思ったらぜひデートに利用して欲しいスポットだと思っています!

住所 東京都台東区浅草2-3-1

浅草花やしき

少し古さを感じますがそれもまた味だと思わせてくれる下町の遊園地です。

この花やしきの乗り物から響く絶叫は、浅草寺などにいても聞こえることがあるくらいで、いざ浅草へ行けばきっと興味をそそられることと思います。

ただ、筆者は絶叫的な怖さというよりも「ちょっと壊れない!?大丈夫!?」という怖さの方があり、デート相手も同じことを感じていて盛り上がったことがあります()

とはいえとても楽しいスポットなので、今回のプランでも利用していきましょう。

住所 東京都台東区2-28-1

浅草の人力車

とても有名で人気の高いスカイツリー。 誰もが知る有名スポットですよね。 昼と夜で景色の雰囲気が変わるスポットなので、複数回訪れてもとても楽しめるスポットだと思います。 目の前に行くと想像以上の高さにはじめての人は衝撃を受けるのではないでしょうか。 デートでもとても利用しやすいスポットです。これは好みもあると思いますが、浅草といえばイメージがある方もいると思います。

実際浅草を訪れると、人力車の方から声を掛けてくることもあるかも。思い出作りに乗ってみるのもありかもしれません。ただこの辺りは相手と相談しながらという感じでいいと思います。

 

筆者:スポット紹介は以上です。浅草に関しても結構スポットを絞っていますが、今回のデートではスカイツリーに行くことなども考慮して、利用する場所をメインにココだけは抑えておきたいというスポットを紹介しました。道中要所要所に浅草らしい下町の雰囲気を感じることの出来る場所というのもあるので、気になる物は見てみる、気になった場所は入ってみるという風に散策して貰えればと思います。

このスポットを選ぶ理由は?

選ぶ理由として大きなものは]デートの誘いやすさ]にあると思います。

観光に遊び、ショッピングなどとカバー出来る範囲も広く、色々な相手に合わせやすいスポットです。

その相手のしたいことに多く時間を割くように予定をあらかじめ組んでおくことで、相手に楽しんで貰えるデートをしやすいというのは、こちら側も誘う際にアクションを起こしやすいですからね。

そして誘う前の段階で、会話を拾いやすいというのもポイントでしょう。

どういうことかというと、事前のデートや、メールやLINEの会話の中で、このスポットでのデートのつながるキーワードというのが多くなるということが言えます。

デートをしたいと思ったときは、相手がどんな場所へ行きたいのか、どんなことがしたいのかを会話の中から見つけ出し、それにフィットするデートを提案することが成功への近道になるでしょう。

カバー範囲が広いということは、それだけ誘うまでに拾いたいキーワードも増えるということです。

夜景が見たい、水族館行きたい、ちょっと観光したい、ショッピングがしたい、軽く遊園地に行きたいなどなどの要望に答えることが出来るスポットですからね。

どうですか?単純に例に挙げた物だけでも結構チャンスありそうな気がしてきませんか?

男性目線でも誘いやすく、女性の希望にも色々と答えてくれるというのがこのスポットのデートを選ぶ理由ということですね。

役立つタイミングが来ると思うので、ぜひ自分の中で引き出しの1つとして持っておいてみてください

 

おススメの行動プラン

実際にこのスポットでのデートを経験した印象では、細かくプランを作りこむというよりは、ある程度ザックリとした予定で、時間に余裕を持って行動出来るのが理想だと感じました。

何度かデートを重ねて気がついたのですが、11つのスポットでの所要時間が結構長くなるんですよね。

最初にアレもコレもと詰め込んでしまうと、回りきれなくて消化不良気味になる印象がありました。

それだけスポットが充実しているということです。

絶対に行きたいという場所を少なめに設定しておいて、様子を見ながら気なった場所があったら入るというくらいがいいと思います。

今回4つのスポットをメインで扱おうと考えているのはコレが理由です。

個人的な感想ではありますが、魅力的なスポットが多い場所だからこそ、こういった工夫をしたほうがいいデートになると思うので、参考にしてみてください。

先に書いてしまうと、今回のプランでは、浅草寺花やしきソラマチスカイツリーという順番で回っていきます。

最後はスカイツリーで夜景を見ることを目的として行動していこうと考えているので、それに向けて行動していこうという狙いです。

以上のことを踏まえて、実際にデートを繰り返した中でも評判の良かったプランの紹介をしていきます!

 

まずは待ち合わせ

この待ち合わせが意外と難関なんです。

実は筆者は気軽な感じで、「じゃあ待ち合わせは浅草駅ね!」なんて気軽な感じでデートしたことがあるのですが、見事に撃沈した経験があります()

たまたま土日で凄く混雑していて、お互いが動いてしまい入れ違いに入れ違いが重なってという不運もあったので、普通に待ち合わせをすれば問題ないと思うのですが。

一応筆者の苦い経験があるのでこのような書き方をしていますが少し大げさかもしれません。

そういう失敗を繰り返して今があるので、経験にはなるのですが、失敗しないに越したことは無いですからね。

皆さんにはそうなって欲しくないので、一応伝えておくと、ぜひ待ち合わせは慎重に行ってください!。

ちなみにお勧めの待ち合わせ場所は、浅草駅なら鳥居の形をした東京メトロ4番出口が定番です。

浅草文化観光センターの前も待ち合わせに利用されるのですが、どちらかが迷ってしまうと意味が無いので、筆者は駅の4番出口をお勧めします。

今回のデートでは1000分前後に東京メトロ浅草駅4番出口前提で話を進めていきましょう。

自分と相手の住んでいる場所が近い場合などは待ち合わせ場所をそれに合わせて変えてください。

 

合流したら浅草散策!

最初に目指すのは浅草寺がいいでしょう。

テレビなどでも取り上げられるくらいの日本を代表する観光スポットです。

当然日によっては大混雑も予想されます。

1つ伝えておきたいのは、ココで絶対に自分がイライラしないようにしてくださいね。

このスポットでのデートをどう思うか友人の女性に聞いたのですが。

そのときの答えに「浅草寺が混んでいるときにイライラした素振を見せられると一気に冷める」というような回答がいくつかありました。

せっかくの楽しいデートなのに、雰囲気が壊れてしまいますよね。

そういうちょっとしたことで女性からのイメージは悪くなってしまいますので、意識してみてください。

この浅草寺の所要時間は、ゆっくり見て回るとして、空いているときで1時間弱くらいだと思います。

混雑時であれば2時間は見ておいてもいいかもしれません。

2時間いなければいけないというわけではないので、様子をみながら調整してください。

[雷門から仲見世を見て回り、宝蔵門を抜け、本堂まで行く]という行動だけは最低限出来るといいでしょう。

まあそれだけ回れれば十分に堪能できると思います。

ここでも相手の様子を伺いながら飽きていないか、疲れていないかなどはさり気なく気にしてください。

 

花やしきで遊ぼう!

十分に散策したら花やしきに移動しましょう。

ちなみに浅草寺からであれば目と鼻の先です!

浅草寺の滞在時間を考慮して、だいたい11時から12時前後にはこのスポットに移動しているかと思います。

丁度お昼時なので、周辺でランチにしてもいいのですが、浅草寺の混雑に比例して食事どころはどこも混雑していると思っていいでしょう。

花やしきで遊び終わってからにするか、少し早めに待ち合わせ直後に食べてもいいかもしれません。相手の空腹具合なんかを相談しながら、対応してください!筆者の場合は、浅草寺仲見世で食べ歩きをしておいて、花やしきを出てから遅めのランチにしました。

花やしきでの所要時間は1時間から3時間前後くらいだと思うのですが、人によってではあると思います。

正直大きな遊園地に比べると派手さは全くと言っていいほどありません。アトラクションも正直地味な印象を受けるでしょうし。ですが思っているよりも楽しめると思います。

価値観や感想を押し付ける訳ではないのですが、筆者とデート相手も思っていたよりかなり盛り上がりました。

アトラクションも怖すぎないので気楽に利用できるのがポイントなのかなと思います。

花やしきで十分に遊んだら次を目指して移動しましょう!。

 

浅草からソラマチへ

花やしきからソラマチを目指していきます。

ちなみに筆者の場合は、スカイツリーの予約時間は2000分から2030分の間で入場を予約していたので、それを基準に行動しました。

多分この時間帯がベストだと思うので参考までに。

そしてソラマチへの移動は、徒歩でも電車でも可能です。

相手と相談して決めるようにしましょう。

この時点での時間は大体ですが、早くても1400から1600前後を想定しています。

ソラマチへは徒歩、電車どちらもスムーズに行動できれば30分掛からないくらいでは移動できました。

スカイツリー入場まで結構時間があるように感じるかもしれませんが、ソラマチは結構時間を使うと思います。

ディナーも視野に入れておくことになりますし、ショッピングはもちろんのこと、プラネタリウムやすみだ水族館などの遊べる施設もありますからね!

入場までの時間を有意義に過すことが可能なので、安心してくれて大丈夫だと思います。

 

最後は締めくくりのスカイツリーへ

時間前にはスカイツリーに移動しているほうが安心です。

今回のデートの締めくくりは夜景を眺めて綺麗に終わりましょう。

初心者向けのデートプランでもスカイツリーデートは書きましたが、事前のデートでは昼に、そして今回は夜にというイメージでなら同じ相手と度々このスポットでデートしても雰囲気が変わって楽しめると思います!

長い時間のデートで、疲れも感じている頃でしょうから、ゆっくり夜景を満喫してください。

ちょっとした情報ですので参考になるかはわかりませんが、高いところが苦手な筆者は昼よりも夜のほうが高さに対する恐怖はありませんでした()

このスカイツリーで過したら、後は帰路に着くのみです。

 

筆者:以上でプランの紹介は終了です。このデートでは、4つのスポットに行く!ということだけ実行すれば、その中でやること自体は結構自由になってくるかなと思います。時間も長くなるので、会話や対応などお互いの今まで見えていなかった部分も見えてくるかもしれません。ムリをして自分を着飾る必要はないですが、数回はデートを重ねてからチャレンジして貰うのが理想的でしょう。このデートが切っ掛けに、恋人関係に少しでも近付くことが出来れば幸いです。

 

このスポットでの注意点

1つだけ注意点があります。

スカイツリーに関してなのですが、事前に予約することは忘れないようにしましょう。

前売りチケットの購入方法は、WEB購入かセブンイレブンでの購入が可能です。

詳しくはスカイツリーデートの記事か、公式サイトでご確認ください。

当日券もありますが、とくに土日などは当日にいきなり行くと、長蛇の列が出来ているなんてことも当たり前にあります。

可能性の話ですが、日によっては中に入れないこともあるかもしれません。

デートをより確実に成功に導くためにも、この辺りに抜かりが無いように注意しましょう!。

ちなみに今回のプランを実行する場合は夜の時間帯の指定予約をすることになりますが、昼に行く場合は余計に混雑が予想されますので、重要性が増します。

この辺りでデートする場合、このスカイツリーは外せないと思いますので、覚えておきましょう。

 

最後に

浅草とスカイツリーは近くにありながら、雰囲気や楽しみ方ががらりと変わるので、緩急がついてとてもデートのしやすいスポットだと思います。

組み合わせることで確実にプランはパワーアップしますし、充実したデートになることは間違い無しです。

ただそれと同時にデートの経験が少ない人にはハードルも上がるでしょう。

実際にデートをしてもらうとわかると思うのですが、1日を通して会話なども多くなりますからね。間が怖いと感じてしまうくらいの関係性だと苦戦するかもしれません。

その辺りをうまくこなせるような人には気持ちが分かって貰えないと思いますが、こういうコミュニケーションの部分は中々難しいものがありますから。

筆者:焦らずにデートを重ねてから、今回のプランにチャレンジしてみてください。デート経験や恋愛経験が少ない内はそういう判断も難しいでしょうし、不安に感じるとは思いますが、繰り返していけばわかるようになっていくものです。筆者もまだまだ学ぶことが沢山ありますので、ともに素敵な思いが出来るように頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング