友達と同じ人を好きになっても略奪愛じゃない!?すぐに諦めるのは後悔につながる

「人を好きになることに理由なんて必要ない」

「好きになってしまえばそう簡単には諦めきれない」

このような意見はまさに恋愛とはどのような物なのかがよくわかる意見で、「自分の考えが及ぶ気持ちや理屈だけでは整理することができない、とても複雑な感情」であり、制御するのがとても難しい物だということがわかります。

そんな恋愛と近しく、それでいて異なる人間関係として友情というものがあり、これも私たちが生きていく中でとても大切な物なのですが、「時としてこの2つは交わることでとても厄介な物」となるのです。

友達に恋愛相談をできる関係であれば、恋愛と友情が良い形で交わりあっていると言えますが、「友達と同じ人を好きになってしまった場合は悩みや不安という形へ表情を変えてしまい、厄介な関係」ができあがります。

今回はそのような自分だけではどうにもできない友情が絡んだ恋愛感情に対して、「悪いことではないということ」、「友情に亀裂が入る可能性や諦めることで後悔するということ」を理解していただき、「勝つための攻略や引き際の見極め方」を身につけるための解説を進めて行きます。

まず、このような恋愛に直面してしまった際に、「これは略奪愛なのか?」「友達を裏切ったことになるのかも…」などと、不安を抱えて悩んでしまう人もいるのですが、決して悪いことをしているわけではありません。

 

1.同じ人を好きになっても悪いことではない

そもそも、友人と同じ人を好きになったからといって、付き合う前であれば略奪愛とはいえないのですが、それにも関わらず勘違いをして気が引けてしまうという人が多くいます。

略奪愛というのはすでに付き合っている、もしくは結婚していた場合など、特定の相手がいる場合に、それを引き裂いて奪い去る物なのですよね。

なので、ただ単に好きな人が被ってしまっただけなのであれば、同じ職場や学校という環境の場合は十分にありえることですし、略奪をしたわけでもなければ裏切ったということにもなりません。

たとえば、友人と食事をした際に目の前にお互いに好きなもので分けることの出来ない物がひとつだけあったとして、「とったら裏切り!」「それは略奪だ!」とはなりませんし、「ジャンケンや話し合いなどで勝負や相談をする」ことで決着をつけます。

その時点ではどちらの物でもないですし、それがどちらかの手中に収まってから横取りをしてしまった場合、そこではじめて文句をつけられる理由ができあがり、ようやく悪く言われても仕方のない状況となるわけです。

今回の恋愛でもそれと同じことを当てはめることができ、競い合った結果、良い関係を築けた男性が、「相手の女性に選ばれる」ことで決着がつきます。

それでも、どちらが先に目をつけていたのかを問題にする人もいますが、「先に目をつけたのに付き合うに至らなかった男が悪い」わけで、相手も付き合っているわけではない以上後から好きになったからといって勝負をせずに身を引く必要もありません。

このように考えてみると、略奪愛でもなければ好きになった順番で優先権を与えられるようなルールがあるわけでもありませんし、好きな人が被ったからと言って悪いことをしているわけでもないので、気に病む必要もないわけですよね。

今回のようなケースではたまたまライバルが身近な人間で、それ故にこのようなことを気にしてしまうのですが、普通は知らない相手がライバルのことが多いので、文句をつけられることなんてほぼあり得ないですからね。

そうはいっても、友人と同じ人を好きになってしまうことで友情に亀裂が入るリスクはありますし、どれだけ工夫をして立ち回ったとしても、そればかりは理屈で避けることができない場合もあるのです。

 

2.友情に亀裂が入る可能性もある

これは自分と友人のどちらが結ばれることになった場合でもありえることで、自分は気にすることなく振る舞えたとしても、ライバルだった友人が割り切ることができなければ、当然関係はこじれてしまいます。

正直どうしようもない部分でもあり、人の感情というのは最終的にその人にしかコントロールできませんし、実際には悪いことでなくても、そのような理屈を許容できなくなってしまうのも恋愛では仕方のないことなのです。

とくに今回のようなケースでは、友人や同僚などが恋敵となってしまうことで、「恋愛と友情を天秤にかけなくてはいけない状況だとなっている」ことが、やり苦しい不安や悩みの原因となっています。

経験したことのある方であれば気持ちはわかると思うのですが、これって簡単に比較できるような物ではないですし、だからといって共通の友人には相談をすることもできず、そのまま知らぬ顔で何もできないまま失恋してしまうのです。

このようなことはどれだけ恋愛を経験している人でも、少なからず脳裏を過る物ですし、この状況で恋愛と友情を切り離して考えるということは難しいのですが、「それを気にしてばかりいると恋愛がとても不自由」になってしまいますよね。

これだけ複雑に感情や状況が絡み合っていることもあり確実に双方を両立するというのはとても難しいのですが、「だからといって恋愛を諦めるのは余計に後悔します」し、友情を選ぶという悩まないための決断をしたはずが、いつまでもスッキリできずに引きずり続けることにもつながるのですよね。

そうならないためにできることというのは、「諦めずにその恋愛をすること」で、それしか気持ちを晴らすことはできないですし、逆に諦めるという決断は余計に苦しむ切掛けとなり解決にもなりません。

 

3.何もせずに諦めるのは片思いを引きずり絶対に後悔する

ただ、その道を進むためには相応の覚悟が必要ですし、友情を壊すかもしれないというリスクはつきまといますが、「どんなことよりも後悔することが1番ツライ思いをする」ということは忘れないでほしいのです。

自分では諦めたつもりになっていても、実際には友人と意中の女性が気になり続けますし、「好きではないと自分にムリヤリ言い聞かせながら片思いをし続けること」にもなり、いざ2人が付き合いだしてしまえば心から祝福できずに後悔をし続けるでしょう。

これはどんな片思いよりもツライ恋愛の形で、私も経験はありますが疲れ切ってしまいますし、ツライ気持ちが消えることはなく、何をしても楽しくないという状況に落ちてしまうこともあるのです。

たしかに友情は大切で私生活でも心の支えになってくれる存在ですし、なくてはならない人間関係だということは間違いないのですが、だからといって自分の気持ちを殺して苦しみ続けることも正しい選択だとは言い難く、友情に対しても不信感を抱くことにつながります。

このように自分の気持ちを偽り苦しみ続けるくらいなら、「覚悟を決めて恋愛と向き合う」ようにした方が余程苦しむことはありませんし、たとえ片思いだとしても後悔は少なく済むのです。

ですが、そのために友情を切り捨てるとなればそちらが悩みや不安となってしまい、完全にイタチごっこ状態なのですが、「友情を壊さずに立ち回れる可能性がある方法」を知ることができれば少し不安もなくなりますよね。

その方法というのが、「思い切ってライバルである友人に告げてみる」ということなのですが、これだと逆に火種になるのではないかという不安もあるでしょうし、パッと見得策ではない印象ですよね。

しかし、これはお互いにまだ深く進展していないような早い段階であれば効果絶大で、「まあお互い頑張ろうぜ(笑)」なんて、意外と気軽な感じに収まることが多いです。

とくにそれなりに親しい間柄の友人であれば、お互い恨みっこなしで正々堂々サッパリと割り切ってくれることも多く、「友人の気持ちを知りながらコソコソと暗躍している方が余程知られた時のリスクは高い」と言えるでしょう。

それでは裏切りのような印象をもたれてしまう可能性がありますし、自ら悪いことをしていると認めるような気持ちになってしまうので、「〇〇さんって可愛いよね」くらいのジャブで様子を見つつ、「実は最近気になっていてさ」というようなイメージで切り出してしまった方が無難です。

要するに開き直ってしまおうということなのですが、コソコソ行動することや相手に嘘つきながらアプローチをかけてしまうことで、「友人に対して後ろめたい気持ちも芽生えて弱みを見せてしまうことにもなる」ので、何かあった際にそこを攻撃されるのですよね。

「悪いこともなければやましいことだってない!という状況を自ら作り出してしまう」ことで、自分自身も胸を張って恋愛に挑めますし、友情を壊すことなく立ち回ることができる可能性も高くなり、不安や悩みを抱えてしまうリスクを最小限に抑えることができるのです。

実際にこれを実行するとなると、相当な勇気が必要だということは間違いありませんが、そこを乗り越えることができれば、それまで抱えていたモヤモヤとした気持ちをスッキリさせてくれます。

自分の気持ちを偽ってまで諦めるのではなく、正直になって友人や恋愛に向かい合うことが、後悔しないために、そして友情を守る可能性のある方法ということなのです。

このように恋愛と向き合う決断をできたのであれば、「覚悟を決めた以上は成功させるために行動をしてほしい」ですし、安心や油断をしてボヤボヤと過ごしていれば、気がついた時には友人が付き合いはじめていたなんてこともあり得ます。

 

4.勝つための1番の攻略は「積極性」

そんなことがないように、この恋愛を成功させるポイントは、「積極的にアプローチをかけること」で、常にライバルの先手を取るくらいの気持ちが必要です。

言われるまでもなく意識して恋愛をしているという人もいるでしょうし、「男なら積極的に!」なんてことは散々聞いてきたことだと思のですが、「普通の恋愛とは違い身近にライバルがいることで、さらに積極的に動く必要がある」と思ってください。

なぜなら、「身近な友人がライバルということで、自分の行動を把握されてしまいやすい環境」だと言えるので、「行動を先読みされて先手を打たれる可能性が高い」からなのです。

これは少し特殊なことなのですが、通常の恋愛をしている場合はライバルの存在がハッキリと確認できるということ自体少なく、噂や好きな人本人の口から聞くことこそあっても、基本的には見えないライバルと戦うことになります。

しかし、このケースではライバル同士が近い関係ということでお互いの状況を把握しやすく、それだけに相手もこちらに合わせて常にタイミングを見定めている状態なので、できるだけ隙を作ることなく先手打つということの重要性が高いわけです。

そして、基本的にはライバルの様子を伺いながら、できるだけ有利に進めたいと考える男性が多いので、積極的に先手を打ち続けてしまえばライバルが入り込むことも難しくなりますからね。

相手も同じような考えでガンガン来ていたとしても、それよりも先にアプローチをかけ続けるくらいの意識をもっていれば、積極派と様子を見る派の双方に対応することもできるので、「一旦友人の行動などは気にしないようにして攻め続けること」で成功へと近づくことができるのです。

このようにして立ち回ることで、成功を引き寄せることができるのですが、「失敗を悟った場合には引き際の見極めを誤ってしまうと、これも友情を壊すリスクがある」ことも覚えておいてください。

 

5.引き際の見極めも大切

引き際ということに関して、これはこの恋愛特有の要素でもあるのですが、「自分はうまくいかなかったけど、友人の恋は成就する」ことがあり、その場合にいつまでもアプローチをかけていると引き際を見失ってしまいます。

さらに、そのままアプローチをかけ続けることで、その最中に相手が付き合いはじめてしまえば、かなり複雑な関係ができあるのです。

そうなると、せっかく上手に立ち回って友情を壊すことなく勝負ができたのに、それまでのことがすべてチャラになってしまいますい、結局後悔をしてしまいますよね。

何もせずに諦めることはよくないと書きましたが、ある程度アプローチをかけてそれでもダメな場合というのは、純粋に失恋ということになりますし、潔く身を引くようにしましょう。

これが通常の恋愛であればそこまで潔く引く必要もないですし、最後まで走り切って振られるまで結果はわからないというスタンスでも問題ないのですが、このケースではそれだと手遅れという場合もあるので、覚えておいてください。

ひとつ気をつけてほしいことは、「最後に告白をして終わろう」という見極め方は、このケースに関してはその後の気まずさが引き立つこともあるので、あまりオススメできません。

やはり友人が絡んでいることもあり、そういう部分は少し特殊と言えますので、逆にそれを逆手に取り、「相手の進展具合をチェックしながら付き合いそうな雰囲気を察知する」ことで見極めてください。

難しい響きに思えるかもしれませんが、日常での2人の接し方などに必ず変化が現れるので、そういった部分を見逃さないように意識しておけば気づくことができてしまいますし、そこで身を引けることが理想です。

ツライことではあるのですが、何もせずに諦めることに比べるととても気持ちは楽ですし、残念ながら失敗という形だとしても、必ず次の恋に活かせる経験になります。

このようにして見極めをして潔く身を引いたとしても、少なからずツライ思いは引きずるとは思うのですが、「この恋を糧にして次の恋を探すことが、1番の薬になる」ということも覚えておいてください。

 

しかし、今回のようなケースで失恋をした後に、身の回りで出会い探しをするのは少し気が引けるという人もいるでしょうし、周りの評判も気になるところではありますよね。

そのような場合は気軽に恋活を楽しむことができる出会いアプリを使って、新しい出会いを探しはじめてみてほしいのですが、中でも、「マッチブック」と「Omiai」はとてもオススメです!

ユーザー数こそはまだまだ少ないのですが、恋活に特化していて確実に人気が伸びているマッチブックは、気軽に恋愛をはじめるのにはとても使いやすく、運営の対応もしっかりしているので安心してご利用いただけます。

対するOmiaiは婚活に特化したアプリなので、将来的なことも視野に入れて恋愛をしてみたいという場合には、こちらを使ってみると肌に合いますし、快適に楽しむことができるでしょう。

当サイトではここで紹介したアプリ以外にも複数のアプリを紹介して、解説や比較も行っていますので、新しい恋をスタートさせるために興味がある方は、ぜひこの機会に参考にしていただき登録をしてみてください。

 

7.最後に

身近な人間が絡んでしまう今回のようなケースというのは、とくに複雑な物で、悩みや不安を抱えやすい恋愛の形なのですが、いざ直面してしまうとどうしていいのかわからなくなってしまうのですよね。

この記事を参考にしいていただきながら、少しずつ整理をしていただくことで、そういった不安や悩みというのは多少解消できますし、きっちりと恋愛に向き合うことができるはずです。

せっかく人を好きになることができたわけですし、その気持ちは決してムダにしてほしくない素敵な感情ですので、恋愛を苦痛に感じないためにも今回の内容を参考にしていただきながら、ぜひ前向きな気持ちで向き合ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング