カップルの倦怠期は悩みだけ増えてツライ!マンネリを感じないための3つのポイント!

好きな人とカップルになることができ、浮かれ気分で幸せを噛みしめながらも、「倦怠期が来たら不安…」「マンネリを感じたらどうしよう」などのように、カップル故の悩みを感じてしまいますよね。

本当はそのようなことは気にしないで楽しく付き合いたいのですが、別れる切掛けにもなってしまう問題なので、倦怠期やマンネリというのはとても不安で、多くの人が悩んでしまう要素なのです。

そこで今回は、「なぜ倦怠期を迎えてしまうのか?」や「倦怠期がくるとどうなるの?」という倦怠期やマンネリの基礎知識への理解をまず深めていただき、「倦怠期を回避する3つのポイント」でマンネリを回避しやすくなるポイントの解説をしていきますので、幸せを長く維持するための情報としてお役立てください。

さて、カップルとしての生活を続けていく中で、倦怠期というのは大きな壁として立ちはだかる可能が高い物なのですが、そもそもなぜ倦怠期は迎えてしまうのでしょうか?

なぜ倦怠期を迎えてしまうのか?

その大きな理由としては、「カップルとして一緒にいる時間が長くなることで慣れが生じ、マンネリ感を抱いてしまう」ということが言え、「恋愛特有の特別感を失ってしまう」ことで倦怠期に突入します。

26歳会社員男性

付き合って1年になるけど、付き合い始めたころのドキドキ感がなくなって冷めてきた。3ヶ月付き合っているけど、一緒にいても刺激がなくなってきて、付き合う前の方が楽しかったと思う

 

というような意見をみてもわかるように、ある程度の期間をカップルとして過ごすことで、「トキメキのような恋愛特有の感情が薄れてしまい、非日常感を失ってしまう」ことが引き金となるのです。

たとえば、友人との関係であれば一緒にいる時間の長さや慣れというものは、「より信頼を感じる要素」であり、「一緒にいて安心や落ち着きを感じる」ことができるものだと言えます。

しかし、カップルなどの恋愛関係ではそのような要素が逆効果になってしまいますし、「恋愛は非日常で特別な物」なので、それが日常へと変わってしまうことでその関係に価値を見出せなくなってしまうのです。

付き合う直前や付き合いはじめたころというのは、「気持ちが高ぶっていて良い所が沢山見えている状態」ですし、それ故にラブラブな関係でいられるので、慣れることや冷めることなどは想像できないでしょう。

また、倦怠期やマンネリを迎えるタイミングは、「付き合いはじめた後3ヶ月周期でくる」と言われていて、多くのカップルがその周期辺りで慣れや冷めるなどの壁にぶつかると言われています。

以上のような期間を一緒に過ごすことで、「慣れなどで変に冷静な感情が芽生えて相手の悪い所ばかり見えてしまう」ようになり、関係が変わったのではなく慣れただけなのに、「まるで関係が悪くなったかのように錯覚してしまう」ことで自ら倦怠期へと足を踏み入れてしまうのです。

とくにはじめて彼女ができたような人にとっては、倦怠期に突入してしまうとそこから抜け出すのはとても難しいことなのですが、「具体的にどうなってしまうのか?」ということも理解しておかないと、別れるまでそれにすら気がつけない場合もあります。

 

倦怠期を迎えたカップルはどうなる?

大切な人はいなくなってからその存在の大きさに気がつく、なんて言われることもありますが、倦怠期が切掛けで別れてしまった場合でも、今までに付き合った経験がなければ後からそれを理解することになるのです。

せっかく晴れてカップルになれたとしても、そのような別れはあまりにも勿体ないことですし、なにもわからずにただ漠然と倦怠期に対して悩んでしまうことで、「必要以上に敏感になり実際は倦怠期ではないのに思い込んでしまう」ことにもつながります。

そのような思い込みがないように、倦怠期というものがどのような状態なのかを、友人へのアンケート結果を参考にステージ別に解説していくので、一緒にチェックしていきましょう。

 

ステージ1:「付き合いはじめと比べて明らかに喧嘩が増える」27歳公務員男性など

まずもっとも多かった意見は、喧嘩が増えるという物だったのですが、実際に私も以前お付き合いしていた際に倦怠期を感じてしまったのは、徐々に喧嘩が増えてきたことが原因だったことがあります。

徐々に喧嘩が増えてしまう理由としては、「それまではまったく気にならなかったようなことでも、小さなことで双方がイライラし合ってしまう」ようになり、頻繁に口論となってしまうのです。

たとえば、「明日って空いているの?」という単純に予定を確認しただけでも、「なんでイチイチ言わないといけないわけ?」というように、極々当たり前の会話が上手にできなくなってしまいます。

はじめの内は小さな喧嘩ですぐに仲直りもできるのですが、こうやって小さな争いを繰り返していると、「それらが解消しきれずにフラストレーションがたまり続けてしまう」ので、回数を重ねるごとにヒートアップしていくのです。

一緒にいる期間が長くなることで生じる慣れが理由となり、相手の悪い部分が目立って感じることはもちろんのこと、心の距離が近づいたことで相手に対して遠慮がなくなってくるので、「付き合いはじめであれば言えなかったようなことも言えてしまう」こともお互いを刺激してしまう要因となります。

そうやって喧嘩などが増えてしまえば、「会ってもどうせ喧嘩するし…」というように考えてしまい、「一緒にいることや連絡をすることが面倒だと感じる」ようになり、関係にさらに亀裂が生じてしまうのです。

 

ステージ2:「一緒にいることや連絡が面倒だと感じる」25歳自営業女性など

それこそ毎日のように取り合っていた連絡も、日に日に間隔が空いていきますし、毎週必ず会っていたとしても、スパンが少しずつ開いていきます。

これが同棲をしていた場合なんかだとさらに厄介で、お互い帰ることが徐々に気まずくなり外で過ごす時間が増えてしまう、近くに実家があればそちらでの生活が増えるなど、確実に関係がこじれていくのです。

どちらの場合でも、「他人から見ても明らかに関係が悪くなっていることがわかる」ようになり、「いつもこの曜日は彼氏といなかった?」、「最近彼女との話でないけど別れたの?」などと周りからも不振がられてしまいます。

このように、他人からも恋人との関係について悪い方向で触れられてしまうと、「余計にうまく行っていないと自分も感じてしまう」ため、さらに悪い方へと考えるようになってしまうのです。

そうやってお互い、もしくは片方の気持ちがマイナスな方へと進むことで、相手に対する興味も薄れてしまい、「恋人以外の人と過ごす時間が確実に増える」ようになってしまいます。

 

ステージ3:「お互いに恋人以外の異性と関わりが増える」19歳専門学生女性など

最初の内は同性の友人や同僚などと過ごすようになるのですが、「徐々に恋人以外の異性とも関わる」ようになり、「最悪の場合は浮気にも発展する」こともあるのです。

悩みを抱えていて不安だという状態だと、弱っているので簡単に心が揺れ動いてしまいますし、そういった状態で異性と触れ合ってしまうと、自分の恋人よりも良く見えてしまい気持ちをそちらに持っていかれてしまいます。

仮に浮気はしないとしても、とくに女性の場合はそういった雰囲気を匂わして男性に対して試すような行動をとる場合もありますし、それでも興味が薄いと感じ取られてしまえば、もう修復は難しい域にまで達してしまいますよね。

また、関係が悪くなっていて相手に対して興味が薄れているとしても、「文句だけは言いたくなってしまう」もので、「悪いことはしていなくても疑いをかけられる」ことで不信感が芽生えてしまいます。

 

ステージ4:そして最終的に別れることに…

そうなるとお互いに引き下がれなくってしまい、完全に一緒にいることにも耐えられなくなりますし、最終的にかなり大きな喧嘩をして、別れるという決断にたどり着いてしまうわけです。

このように、倦怠期が引き金となって関係が壊れていく場合と言うのは、基本的に円満な状態で別れるということはありませんし、かなり後味の悪い物になってしまいます。

たとえ倦怠期やマンネリ期に突入してしまったとしても、それからでも十分に関係を修復できるというような意見も多く出回っているのですが、ここまでの内容を見ていただければわかるように、1度突入してしまうと簡単には修復できないことがご理解いただけるはずです。

というのも、このような倦怠期状態に突入してしまうケースというのは、何かしらの小さな違和感から生まれることが多く、「付き合いはじめたころの2人が理想であり基準」となってしまっていることで徐々に変化していくギャップから崩れていくのですよね。

 

ただ、これは本当にお互いが変わったとは限らず、慣れてきたことや一緒にいる期間が長くなることで飽きた、冷めてしまったというような自分の気持ちの変化であることが多いのです。

しかし、1度崩れはじめた以上、「うまくいっていない時期の2人」という悪いイメージも拭い切れないため、「やり直したとしてもまた同じことを繰り返すのでは?」のような不安が横入りしてしまいます。

そうやってお互いにモヤモヤとしながらも、ハッキリとしない気持ちの状態が続くうちに、少しずつここで解説したようなステップを踏むことになってしまい、修復できないところにきてしまうわけです。

なので、倦怠期に入ってから何とかする方法を慌てて探すのではなく、「どうすれば倦怠期を回避できるのか?」という対策をしていった方が、確実に幸せを維持することができますよね。

そこで、倦怠期やマンネリを回避するためにできることを、「3つのポイントにわけて解説」を進めて行きますので、倦怠期突入前や初期などから対策ができるように参考にしてみてください!

 

ポイント1:いつもと違うスポットと行き慣れたスポットの使い分け

まず1つ目のポイントは、「デートをする場合のスポットを使い分ける」というものなのですが、付き合う前はどこにいくのも新鮮で楽しかったのに、カップルになって慣れてくると行動範囲が狭まってしまうということがあります。

男性側からすれば付き合えたことで安心をしてしまう、女性からすると相手が言っているから、などのようなイメージで、デートをする場所が徐々に限定されてしまうのですよね。

 

たとえば、「会うのはいつも家で」や「食事に行くお店は固定」、「買い物も近所のショッピングセンターだけ」というように、新しい刺激が一切ないデート繰り返すだけになってしまいます。

男性は安定を、女性は刺激を求めるという意見もあり、「これはあくまでも女性側がどうにかする問題なのでは?」という風に考えている人も、私に相談してくる友人の中にはいました。

 

しかし、カップルというのはそういった投げやりな関係ではなく、お互いが歩み寄って作り上げていくものなので、なにかしらの努力はしていかなくてはならないのですよね。

そうやってデートを軽視してしまうことで、マンネリ感が増していき倦怠期に突入してしまいますし、デートというのはもっとも変化をつけやすい物ですので、そこで手を抜いてしまうと倦怠期への道を突き進んでしまいます。

そうならないための対策として、スポットを上手に使い分けることが効果的なのですが、「行き慣れたスポットと、いつもとは違うスポットを織り交ぜることでデートに緩急をつける」ようにしてみてください。

24歳会社員女性

1か月間に4回デートをするとして、その内1回でもはじめて行く場所でデートをするだけでも、マンネリ感がなくなる。

 

というように、毎回はじめてのスポットやあまり行かないスポットで、常に新鮮さを求めたデートをするわけではなく、「組み合わせていくことで新鮮さをキープして倦怠期突入を避ける」ことが期待できるわけです。

28歳美容師男性

前の彼女とは倦怠期から別れてしまったけど、家や近場でのデートと、新しい場所やたまにしか行かない場所でのデートを交互にするようにしたら、今の彼女とはマンネリ感なく付き合えている。

 

毎回新しさを追求しようとすると、かなりのプレッシャーを感じてしまいますが、このような形でいいのであれば、気持ちがとても楽ですし実行もできそうですよね。

また、新鮮さというのは必ずしもはじめて行く場所である必要はなく、利用頻度の少ない場所を選ぶだけでも効果はあるので、いままで意識していなかったという人は試してみてください。

このようにデートというのは倦怠期に突入するのか否かを左右する基礎的な要素なので、積極的に取り入れていただきたいポイントなのですが、「2人で新しくできる何かを見つける」という2つ目のポイント加えていくことで、さらに倦怠期を避けることができるようになります。

 

ポイント2:新しく一緒にできること趣味などを見つける

とはいえ、すでに共通の趣味があるという人もいると思うのですが、これに関してはその趣味にプラスして、新しく共通の趣味などを見つけていただいたほうが効果は大きいです。

「新しいことを加えて刺激を出したい」ということが狙いでもあり、今の関係にアクセントを交えていくことで、倦怠期への突入を避ける物なので、その辺りはぜひ意識してみてください。

もちろん、今はそのような物がないという場合は、これから一緒にできそうな趣味などを探して、挑戦していただければ問題ありません。

そうはいっても漠然と一緒にできる趣味というだけではイメージしにくいと思うので、実際にこのポイントを試みている人たちは、どんな趣味を新たに作って実行しているのかということを聞いてきましたので、以下の表を参考にしてみてください。

一緒にできる趣味や行動 それを行うことのポイント 難易度
アプリでもハードが必要な物でもいいから一緒にゲームをする。 ・最近はスマホアプリなども人気があって、男女問わずゲームに触れる機会は多いですし、協力プレイができる物などを選択すれば、共同作業感も味わえる。

・ややネックなことがあるとすれば、外出の機会は減る可能性があるので、上手にタイミングを作っていかないと、マンネリにつながる。

・平日の夜はゲームでコミュニケーションを一緒にプレイし、週末はデートに出かけるようにすることで、緩急をつけているカップルもいました。

何かしら食べ物を絞って、その食べ物の色々なお店を回る。 ・好きな食べ物にお互い一切の共通点がない場合は不可。

・海鮮やお肉など、メインの具材を絞ってもよく、その場合は料理の選択肢が増えるので、デートの幅も広がる。

・とにかく外にでる必要があるのでデートの口実にもなりますし、デートのついででも行える趣味で、色々なお店に足を運ぶことで偏ることでのマンネリは回避可能です。

旅行を趣味にして、決まった期間で実施する。 ・デートに緩急をつけるという意味でも、定期的に予定を立てることができればとても効果的。

・難点はお互いの休みや生活リズムが合わないと難しいことと、金銭的な面でも頻繁に行うのは難しい場合もある。

・日程的に難しい場合でも日帰りプランで実行することが可能で、旅行という体で行うだけでも、普通のデートは少し違うイメージを持たせることができる。

・相談などを一緒にすることになるので、会話のコミュニケーションも頻繁にとることができ、会話をする理由ができるというのもポイントです。

男女でもできるような一緒にできるスポーツをはじめる。 ・スポーツは健康的なイメージもあり、女性にもアプローチをかけやすい。

・しかし、運動嫌いな女性もいるので、そこが少しだけネックでしょう。

・ゴルフやテニスなどのように、一緒に練習をできるような物であれば、会話などの機会も増えますし、一緒にいて苦痛というような気持ちがなくなる。

・テニスは友人カップルなどとミックスダブルスなどで楽しむこともでき、女性でも楽しめます。

・ゴルフはできる場所こそ限られているが、それだけに外出の機会も増えるので、他のデートや旅行と組み合わせることも可能。

・プレイはせずに観戦を趣味にするのもありで、人気プロスポーツなどで好きなチームを作り、一緒に観戦をするのもオススメで、そのスポーツのゲームを一緒に遊ぶことでも盛り上がれる。

以上のようなイメージで、今まではしていなかった趣味や行動を追加していくことで、「気持ちの新鮮さを維持する」ことができれば、飽きてしまうことや冷めるというような気持ちを回避できます。

ここで紹介した物以外でも、「新しくなにかをはじめる」ということ自体にとても意味があるので、倦怠期を事前に回避するために、2人で定期的になにか新しいことへ挑戦してみることは効果的です。

また、別々の趣味がある場合でも、「相手の趣味に自分も寄り添って一緒に触れてみる」などでも、試してみる価値はありますのでそういったことからはじめてみるのもありでしょう。

ポイント1ではデートに工夫をして、ポイント2では趣味などからアプローチをかけてきましたが、ポイント3ではもう少し日常的な部分で、「会話を工夫する」という部分ことをしてみてください。

 

ポイント3:会話を工夫する

会話と言っても大きな変化をというわけではなく、「相手に対して褒めることや、感謝の気持ちを言葉にして伝える」ということをしていただきたいのですが、「慣れが切掛けでそのようなことを伝える機会が減る」のですよね。

付き合いはじめの頃であれば、会話自体多いですし、相手に気に入られたいという思いや好きだという気持ちをアピールするために、褒めることや感謝を伝えることは当たり前に行っていたはずです。

しかし、カップルという関係に慣れて、気持ちが落ち着いてくることで安心してしまい、そのようなことを伝える回数が減ってきてしまいます。

女26歳会社員女性

付き合ってしばらくすると、なんでも当たり前になるからなのか、ありがとうとか言って貰えなくなるけど、そういう時に別れたいって気持ちが沸いたりする。

という意見もあるように、感謝を忘れることや褒めてあげることをしない場合、とくに男性は注意をしておかないと、倦怠期突入や別れてしまう切掛けとなってしまいます

21歳大学生女性

性格でも見た目でもいいから、女の子は褒めて欲しいと思っているし、それがなくなると冷めたのかなって不安になって、結局こっちも冷めはじめる。

もちろん、会話の度に伝えるという必要はないのですが、「倦怠期を回避するためには会う度に1 回は褒めることや感謝を伝える」くらいの努力は、良い関係を維持するためのコツでもあるのです。

とくに感謝の場合は、些細なことでもありがとうを忘れないように意識しておき、それがクセになってしまうくらい、継続的に行ってほしいことでもあります。

いただいた意見にもありましたが、なにかしてくれるのが当たり前という考え方はよくないですし、相手を道具のように見ていると思われることすらあるので、常々伝えていくようにしましょう。

褒めるということに関しては、「褒めるためには相手の良いところを見つける必要がある」ので、恋人の良さを見つめ直す機会にもなるので、好きだという気持ちを忘れないためにも実行してみてください。

 

褒められて嫌な相手は少ないですし、そのようなポジティブなイメージの言葉を口に出して伝えてあげることで、「言った人と言われた人の双方が気持ちよく過ごせる」ので、喧嘩なども確実に少なくなります。

気恥ずかしさなどもあるとは思うのですが、そうやって気持ちを意識して口に出すようにするだけでも、「冷めてしまったのかな?という不安を相手に与えない」こともでき、倦怠期への突入を回避できるのです。

幸せな関係を維持するために、恥ずかしさは捨てていただき、褒めることや感謝を言葉にして伝えるということを、ぜひ実行してみてください。

以上で3つのポイントすべての解説は終わりなのですが、どれも倦怠期を回避するために、試していただければ損はしない情報なので、倦怠期に対して不安で悩んでいる人もこれで安心していただけるはずです

これで倦怠期への不安はもう大丈夫

また、すでに突入してしまっているというケースでも、この記事の内容を参考にしていただくことで、ステージ1辺りまでの状態であれば大きな効果を期待できるでしょう。

ただ、過去に倦怠期が理由で失恋してしまい、次の恋愛では上手にお付き合いがしたいという気持ちで、この記事を読んでいただいている人もいますよね。

そのような場合、どうしても恋愛に対して臆病な気持ちが出てきてしまうこともあり、中々積極的になれずに、恋愛から遠ざかってしまうこともあります。

そんな人たちに対して、新たな恋愛の切掛けとして私がオススメしているのが、「アプリやサイトを使った出会い探し」で、とくに「ゼクシィ恋結び」と「タップル」の2つは初心者の人でも使いやすいアプリです。

ゼクシィ恋結びは、大手人気結婚情報誌の名前がついていることもあり、女性も安心して利用している印象で、とても出会いやすいアプリでした。

タップルに関しては、同じような恋活アプリの中でも比較的ライトな使用感で、とりあえず出会いを探してみようかな?という気楽なイメージではじめたとしても、十分に楽しめるアプリです。

どちらも私が使ってみて実際に出会えたアプリですし、このサイト内ではもっと詳しく解説している記事もありますので、興味のある人は合わせてチェックしていただき、ぜひ登録まで進めてみてみましょう!

また、他のサイトやアプリに関しても、このサイト内で解説を行っていますので、自分に合ったコンテンツ探しにお役立てください。

最後に

倦怠期というカップルにとっての壁に対して、突入してしまう理由からはじまり、ステージ別に状態や倦怠期を回避するためのポイントなど、この記事を通じて理解を深めていただけましたよね。

なにも知らずに放置してしまうことで、悪化の一途をたどる危険性はありますが、ある程度理解をして立ち回ることで、回避することができるものなのです。

せっかくお付き合いできたのですから、その幸せを守りたいと思うのは当然のことですし、それで悩むというのはとてもいいことなので、あまり悲観的にならずに向き合うようにしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング