彼女ができた後の女友達との関係は?嫉妬されずに友情も保つ4つの方法!

付き合うまでにもたくさん悩み、色々と努力をして結ばれたのに、恋人になってからもそれに伴った悩みが出てくるものなのですが、その1つとして友人関係に悩む人が多くいます。

今までの生活に彼女との時間が加わることで、男友達との接し方や遊ぶ頻度などに悩むことはもちろんですが、それ以上に頭を抱えることになるものとして、「女友達との関係」というのがとくに難しいのですよね。

そこで今回は、「友達とはいえ女性との関係は不信感につながる」という内容で、なにが難しいのかということを理解していただき、「上手に女友達との友情を保つためにできる4つのポイント」を理解して悩みを解消していきましょう!

それではまず、彼女がいる場合の女友達との関係が、どうして難しいのかということを解説していくのですが、「彼女から不信感を抱かれてしまうリスクがあるから」というのが理由です。

友達とはいえ女性との関係は不信感につながる

これは自分と置き換えて考えてみても、「彼女が女友達と遊びにいく場合はあまり気にならない」でしょうが、「男友達と遊びに行ってしまった場合は浮気なども心配で不安になる」こともあり、彼女に対して不信感を抱いてしまいますよね。

それと同じで、自分が女友達との関係を大切にしてしまうことで、相手を不安にさせてしまう可能性があり、「それが切掛けで別れにつながってしまう」こともあるのです。

23歳飲食店勤務女性

彼氏が友達を大切にするのはいいことだと思うけど、その相手が私と同性だったら天の邪鬼だけど嫉妬してしまうし、いい気持ちはしないので、そこは上手に立ち回ってほしい。

 

という意見からもわかりますが、場合によっては嫉妬につながってしまうものであり、「女性の嫉妬は怖い」という話もあるように、関係に歪みが生じてしまいます。

しかし、上の意見にも書いてある通り、「上手に立ち回ることが大切」で、それ次第で彼女へ与える印象は大きく変わり必要ない不安や嫉妬を回避することができるのです。

そこで、不信感を与えずに上手に立ち回る方法を理解していただくために、「彼女と女友達の双方との関係を上手に保つためにできる4つのポイント」を、ここからは解説していくので悩みの解決にお役立てください。

 

ポイント1:ハッキリと友達だということを伝える

まず1つ目のポイントは、「コソコソとしないで友達だということをハッキリと伝えてしまう」というものなのですが、関係を隠す、秘密で会うということはもっとも彼女を不安にさせてしまいます。

21歳キャバ嬢女性

私はキャバで働いているので少し言いにくい部分もあるけど、隠すってことはやましい関係だと言っているのと同じだし、後から知ってしまった場合に相当疑うことにもなるので、何もないただの友達ならコソコソしないで教えてほしい。

 

という意見からもわかりますが、隠してしまうという時点で何かあるのでは?という疑いの火種となってしまうので、下手に隠そうとして拗れてしまうくらいなら、ハッキリと友達だということをアピールしてしまうほうが余程上手な立ち回り方なのです。

「今度〇〇って女の子と遊びに行くけど、昔から仲のいいただの友達で、恋愛感情は一切ないから」という態度でハッキリと意思表示してしまった方がお互いに楽なのですよね。

とはいえ、いくら友達でも異性と2人だけで会うというのは不安を与えかねないので、「絶対に他の男友だとも一緒に会う」ということは理想ですし、女友達と会うとしても不安を与えにくい方法ではあります。

 

しかし、「その女性以外に友達はいない!」という場合や「同性の友人以上に親友と呼べる関係」、「兄妹のような一緒に育ってきた関係」というように親密さが特殊で、2人で会うことが今まで当たり前だったというケースも考えられますよね。

そのような場合は、もう会ってはいけないのか?というとそうではなく、「関係性と2人で会う理由を事前にハッキリと伝える」ようにするだけでも、理解を示してくれる可能性は高くなります。

 

「事前に」という部分はとくに大切なのですが、「事後報告になってしまうだけでもリスクは増してしまう」ということが言えますし、前か後なのかという些細なことだけでも、彼女に与える不信感というのは大きな違いがあるのです。

女友達との関わりに後ろめたさを感じてしまう気持ちはよくわかりますが、「事前にハッキリと」ということはとても大きなポイントですし、最低限線引きできる部分でもあるので、ぜひ忘れないようにしてください。

また、以上のポイントと合わせて、「彼女も交えて遊ぶようにする」ということもとても効果的で、それが2つ目のポイントです。

 

ポイント2:彼女も交えてその女友達と遊ぶ

これには、「彼女と女友達に仲良くなってもらう」ことと、「関係をわかりやすくする」という2つの目的があり、彼女自身に目で見てハッキリと理解してもらうことができます。

まず、彼女と女友達が仲良くなってくれれば、有らぬ疑いをかけられる心配が多少減りますし、直に接点をもつことで女友達と関係を理解してもらいやすくなりますよね。

次に、彼女も交えて一緒に過ごす時間の中で、「彼女と女友達に対する接し方を区別する」ことで、「彼女の方が大切でこの人はあくまでも友達だ」という意味がハッキリと理解してもらえるようになるのです。

27歳会社員女性

彼氏に女友達がいても、私も一緒に会ってくれれば安心するし、自分が彼女なのだという実感をすることができるし、優越感もありますね。

 

という意見もあるように、「実感や優越感」という部分をあえて刺激することで、彼女の不信感というものを排除し、どちらとも良好な関係を維持することがでるようになります。

「友達だって大切だしそんな差別みたいなことはできない!」という意見もあるのですが、そう思っているのは自分だけで、その女性が本当に友達なのであれば、「恋人と友達は別のベクトルの感情」なので差別という捉えられ方はされません。

 

下手にモヤモヤと抱え込むくらいなら、ハッキリと友達だということを伝えてしまい、それから実際に彼女も交えて会うということをすれば、「彼女と女友達の双方との関係がスッキリする」ので試してみてください。

このようにポイント1と2を合わせて実施していただければ、双方との関係を上手に保つことができるのですが、「記念日など特別な日程の周辺は彼女以外の異性とは関わらない」という3つ目のポイントを抑えることで、さらに彼女のへ不信感を与えずに済みます。

 

ポイント3:記念日など特別な日程の近くは彼女以外の異性とは関わらないようにする

というのも、「女性は記念日などをとても大切にする」傾向にあるので、そのような特別なイベントを疎かにしてしまうと、一気に不信感が高まってしまうのです。

「その特別な日だけ一緒に過ごせればいいのでは?」と考える人もいるでしょうが、実はそれだと不安に感じてしまうという女性も多く、その日だけを抑えておくという対策では、配慮が至らないということもあります。

20歳大学生女性

クリスマスやバレンタインの前後に女友達と会うって言われると、そのイベント当日がムリだから代わりに会っているのかな?とか考えてしまうし、できればそういったシーズンイベントの前後は会わないでほしい。

 

26歳美容師女性

記念日の前週に、私とは会わずに女友達と飲みにいかれたことがあって、えっ?来週記念日なのに放置?会って予定とか話したいのにという気持ちがあってモヤモヤした。

という意見からも、「男性が思っている以上に女性は記念日などの特別な日を重要視している」ことがわかりますし、「その前後にまで気が回っている」ということもよくわかり、そういった部分を男性も意識しておく必要があるとご理解いただけるでしょう。

もちろん仕事などの予定がある場合や、大勢で毎年決まったイベント(同窓会など)がある場合は、仕方のないことですし、説明をすれば十分に納得していただけるはずです。

しかし、彼女とは会わずに他の女性と会うという行為は信頼が揺らぐ可能性もありますし、「最低でも前後1週間」は、彼女以外の女性とは出来ることなら会わないように配慮してあげてください。

ここまでに解説をしてきた3つのポイントを意識していただければ、それだけでも十分上手に立ち回ることができるようになるのですが、「日常的に彼女が1番大切だというアピールをする」という4つ目のポイントを意識していただくことで、さらに不安を取り除くことができます。

 

ポイント4:日常的に彼女が1番大切だということをアピール

日常的にとはいっても、「四六時中アピールをする必要はない」のですが、「毎日最低1回は気持ちを伝える」ということを意識するだけでも、想像以上に大きな効果が得られるはずです。

というのも、「女友達の方が大切で特別なのでは?」という気持ちから不信感を抱いてしまうことが多いので、「いかに自分が彼女のことを思っているのか」ということを理解してもらえれば、疑いをもたれることも少なくなり不安な気持ちにさせないで済みます。

27歳美容部員女性

私に対してだけ言ってくれる言葉とか、私にだけする対応とか、そういう他の女の子にはしないようなことをしてくれると、女友達がいても気にならないかな!。

 

25歳会社員女性

私に対してだけ言ってくれる言葉とか、私にだけする対応とか、そういう他の女の子にはしないようなことをしてくれると、女友達がいても気にならないかな!。

というように、相手のことを想う気持ちを、しっかりと言葉や行動で彼女に伝えてあげることで、「特別な存在だということを実感してくれる」ものなのです。

とても小さなことですし、誰にでもできそうなことではありますが、実際にこのようなことをしているという男性は意外にも少なく、故に色々な部分で拗れてしまいます。

日常的に言葉や行動にして伝えるだけでも、「彼女と女友達の差」というものを実感してもらうことができますし、一見この行為に女友達は関係ないと感じるかもしれませんが、「こういった日々の小さな努力から信頼を勝ち取る」ことが重要なのです。

そうやって積み重ねた信頼があることで、女友達との関係に対しても不信感を抱かずに許容してくれるようになりますし、ここまでにも解説したように友達だとハッキリ伝えた場合にも、「その言葉を信じてもらえるようになる」のでぜひ意識して立ち回れってみましょう。

以上でポイントの解説を終わりますが、どれも決して簡単ことではなく、意識して努力する必要があるものですし、「理解してもとても悩む難しい問題」なのですよね。

 

難しい問題だけど諦めて逃げないようにしてください!

ですが、恋愛をして彼女を作るということは、性別の違いもありますし、どうしても悩みや不安と戦わなくてはならない物でもあります。

「逃げ出したい!」と思うこともありますが、そのように思えるということはそれだけ真剣な気持ちだということでもありますし、それほどの気持ちで恋愛ができるということは幸せなことなので、ツライと思っても逃げすに向き合ってみてください。

悩み努力をすればするほどに、素敵な恋愛ができるようになりますし、今は気がつけないかもしれませんが、逃げ出してから彼女の大切さを実感して後悔してしまうことが1番ツライのですよね。

 

彼女だけではなく、大切な友達がいるからこその悩みでもあり、1人の人間としてとても素敵な状況で、恵まれた環境でもあります。

「今の悩みは幸せな悩みなのだ」というマインドで、恋愛や彼女、そして女友達と向き合っていただき、その幸せをながく維持できるように頑張ってみてください。

とはいえ、今までに女友達が切掛けで別れてしまい、それ以降出会いがまったくないという人もいると思うのですが、出会いは待つ物とは違い作る物なのですよね。

もちろんその時の恋愛を引きずってしまい、出会いに1歩踏み出すことができないということも考えられますし、慎重になってしまう気持ちもわかるのですが、「最終的には自分が踏み出さなくてはいけない問題でもある」のです。

そのような人に私がオススメしているのは、「恋活アプリや出会い系サイトを使うこと」なのですが、自分の好きな時に好きな場所で利用でき、ゆっくり自分のペースで出会い探しをできることが理由でしょう。

その中でも、恋活アプリの「マッチブック」と、出会い系サイトでは「ワクワクメール」という2つがオススメで、実際に私が利用していて出会った実績もあります。

1つ目のマッチブックは、まだ恋活アプリの中ではユーザー数こそ少ないのですが、運営の対応もとても丁寧で好感をもてますし、利用している女性自体はとても活発で使いやすいアプリでした。

2つ目のワクワクメールに関しては、出会い系サイトの中では恋愛目的でも利用しやすいサイトで、一緒にごはんや今から遊ぼという掲示板を利用して気軽にデート相手を探すことができるので、恋活アプリとは違った良さが光る印象があります。

この2つはもちろんですが、他にも数多くあるアプリやサイトに関して、当サイトではそれぞれ解説を行っていますので、合わせてチェックしていただきぜひ登録をしてみてください!

 

最後に

彼女がいる人にとって、女友達との接し方や立ち回り方など、とても難しく悩んでしまう問題ではありますが、この記事を参考にしていただくことで上手に立ち回ることができるはずです。

私も同じような内容で苦労した経験があるのですが、とても苦しい物ですし、「どうしていいのかわからない」という気持ちになってしまい、余計にうまくいかないという負のスパイラルに巻き込まれてしまうのですよね。

この記事にたどり着いていただけた人というのは、「なんとかしよう思い行動できる人」だという証拠ですし、その気持ちがあれば悩みに打ち勝つこともできますので、ぜひその前向きな気持ちを大切にしてこの問題と向き合ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング