好きだと思っていても突如恋愛に冷めてしまう…一旦恋愛について整理してみませんか?

自分では恋人が欲しいと思っているし、悩みを聞かれたら迷わず彼女が欲しいと答えているけど、異性と仲良くなっても付き合うまでにはいたらず、いいところまでいっても冷めてしまうという悩みを抱えている人が増えてきています。

彼女が欲しいという気持ちと冷めてしまうという行動は矛盾しているのですが、恋愛で考えると珍しいことではなく、本当に自分が感じていることというのを、理解できていない可能性があるのです。

そこで、「本当に彼女を欲しいと思っているのか」、「どうして彼女が欲しいと思うのか」ということを確認して気持ちの整理をしていただき、「この悩みへの対策」を理解して悩みを解消していきましょう。

それでは最初に、「彼女を欲しいという気持ちに間違いはないのか?」ということを見つめ直していただきたいのですが、彼女が欲しいのではなく、「異性と遊びたいだけ」ということがあります。

女性と関わることで優越感に浸りたいのでは?

彼女は欲しいけど冷めてしまうという悩みを持っている友人の話を詳しく聞いてみると、恋愛感情というよりも、「優越感に浸りたい」という心理があり、「自分は一緒にいてくれる女の子がいるから非リア充ではありません!」というアピールをしたいと思っている場合が多いのです。

また、自分が友人などと話す時に、「女性と遊んだことを話題として扱う傾向にある」という人は、優越感や非リア充アピールなど一種の自慢をしたいという歪んだ恋愛感情を持っていました。

とくに男性の場合は抱きやすい感情で誰でも他人からは凄いと思われたいですし、少しでも他人より優位に立ちたいと考えることは仕方ないとしても、自分を大きく見せるためのステータスとして女性のことを考えているというのは、本音を言えば恋愛感情とすら呼びたくないレベルだと思っています。

このような内容に思い当たる節がある人というのは、「付き合うということに対して内心では面倒」だと感じていて、他人に深い関わりを求めるということもしないので、仲良くしていた女性と付き合えそうな雰囲気が漂ってくると急激に冷めてしまうのです。

そうなってくると、今は恋愛をするべきタイミングではないでしょうし、どれだけ彼女作りのために奮闘したとしても、「根本では本気で恋愛をしたいと思えていない可能性が高い」ので彼女を作ることにとても苦労するでしょう。

「彼女が欲しい→手当たり次第女の子と仲良くしてみる→付き合えそうな雰囲気が漂う→気分が乗らずに関係を断つ」

というサイクルを延々と繰り返してしまい、中々抜け出すことができなくなってしまうので、「自分が本当に好きだと思える人に出会えるまでは、一旦恋愛を忘れてみる」という対策をしてみてください。

恋愛に本気で向き合うことができていないような状況でもあり、人を好きになるという気持ちが二の次になっていて、本気で好きだと思えるような相手に出会い恋愛感情をあらためて理解することで、自慢のために彼女を作ろうとしていたことのおかしさにも気がつけますからね。

しかし、このようなケースとは別に本気で恋愛をしたいと思っている人でも、急激に冷めてしまうということに悩んでいる人も沢山いて、「理想を高く持ちすぎている人」も注意が必要なのです。

理想が高い人というのは、「恋愛相手を減点方式で見てしまうため、時間が経過するにつれて、相手に対して嫌だと感じる部分が増えてしまい気持ちが薄れいく」という恋愛下手な特徴があり、気がついたら会うことすら苦痛に感じてしまいます。

本当は少しずつ好意が薄れていっているのですが、本人からすると恋人として意識できなくなるなにかしらの切掛けがあり、自分が恋人に対して理想とする範囲からはみ出すことが突然に感じるため、急激に冷めてしまったような感覚に落ちてしまうのです。

ただ、「最初に紹介したケースとは違って恋愛と本気で向き合うことができているからこその悩みや特徴」なので、恋愛から一旦離れるということは必要なく、「どうして彼女が欲しいと思っているのか知る」ことが上手に恋愛をするための切掛けとなります。

なぜ彼女が欲しいのかを考えてみよう

というのも、自分がどうして彼女が欲しいのかという理由をじっくり考える機会というのは意外と少なく、自分自身でも理由を把握できていないという場合がほとんどで、これだと真剣に向き合っていたとしても気持ちを上手にコントロールできなくなってしまいます。

とくに冷めやすい人の特徴として理想が高いということを書きましたが、理想が高くなってしまう理由というのは、「気持ちを上手にコントロールできないなど、ストレートに言って恋愛の立ち回りが下手」だというのが影響しているのですよね。

どういうことかというと、「彼女がほしいという強い気持ちとは逆に、理想を高く持ちすぎることで自ら恋愛下手な立ち回り方をしている」わけで、目的を妨げてしまうような目標を掲げていますよね。

これについてひとつ勘違いをしないでほしいのは、理想が高いことを悪いと言っているのではないということで、誰でもいいから付き合えばいいなどというつもりもありませんし、理想をもつこと自体はターゲットを絞りやすくなり上手に恋愛をするためのポイントだとも思っています。

しかし、そこで、その理由をできるだけ細かく沢山思い浮かべてほしいのですが、たったそれだけのことをするだけでも、あらためて自分の気持ちを理解することはとても意味があることですからね。

そうやって理由を思い浮かべいただく際に、思い浮かんだ中に含まれていた場合、とても危険だと言えるワードが2つあるので、ここで解説をしておきます。

 

ひとつ目は、「友人知人に自慢したい」という物なのですが、これは上にもすでに書いたように、彼女を欲する理由としては歪んでいて、まるでアクセサリーのような考え方ですよね。

そもそも友達に自慢したいという発想の時点で、相当なルックスのよさを前提にしている場合が多く、女性に求める理想の高さが現れていますし、成功を遠ざける考え方なのです。

好きなルックスのタイプという物は誰しもありますが、この考え方の危険なところは、「友人知人の彼女より美人な女性」がベースになりやすく、「場合によっては理想が上がり続ける傾向にある」ことでしょう。

自分が好きだから付き合いたいのではなく、友人知人に負けたくないから彼女が欲しいわけで、自分を飾るアクセサリーとして扱うことしか考えていないので、幸せな恋愛ができなくなってしまいます。

 

続く2つ目が、「性的な相手がほしい」という物で、驚くことにそれを目的に彼女を探している人は意外にも多く、「女性を道具としてしか見ていない」歪んだ理由ですよね。

このような理由を浮かべてしまった人は支配欲や独占欲が強いのですが、「女性が自分の思い通りにならなければ、満足できないタイプ」が多く、「絶対的に自分に従順な女性ではないとダメだという理想をもっている」のです。

100%自分の思い通りになる女性がハードルになるため相当理想が高いと言えますし、「仲良くなっていく内に、少しでも自分の思い通りにならない部分があれば不満を抱き、少しでも反抗された場合は一気に冷めてしまう」という理不尽さもあります。

以上の2つというのは、今回記事を書くための調査をする中で、「急激に冷めやすく理想が高い男性」にでていた特徴なのですが、最低でもどちらかは含まれていた要素でした。もちろんこの2つは思い浮かばなかったという人も、多くいると思うのですが、「健全な恋愛感情をもてている可能性が高い」ということなので、ご安心ください。

 

ただ、思い浮かんでしまった人は注意してほしいのですが、この双方には共通していることというのがあり、「確実に女性を自分よりも下の存在としてみている」というかなり自己中心的で歪んだ思考と言えます。

しかも、これは私のダメな友人をモデルに解説しているので、実際にこのような男性が存在しているということにもなり、そう考えると自分は大丈夫なのかどうか正直不安になりますよね。

しかし、このような考え方もある程度進行してくると不安を感じなくなるので、「このタイミングで不安に感じることができたのであれば、それはまだ完全に歪んでしまったわけではないという証拠」でもあるのです。

今からでも意識を変えることができるくらいの段階で、少し気持ちを整理することができれば、恋愛が楽しめるようになりますし、今までのように不自然で急激な冷めかたをすることはなくなります。

どのように気持ちを整理していくことで、これに対策できるのかということなのですが、「女性との関わり方を変える」ことがなによりも大切で、1番の対策と言えるでしょう。

対策は女性との関わり方を変えること

問題点は「女性を自分よりも下の存在」として扱っていることにあり、そういった歪んだ気持ちを整理していかなくては、恋愛に冷めやすいという自分から変わることができませんし、歪んだ気持ちも収拾がつかない状態になってしまえば手遅れになってしまいます。

まだ不安を感じることができている今だからこそ、「女性との関わり方を変える」ことで、「女性に対する歪んだ気持ち」を抱かないように、考え方をリセットしていただく必要があるのです。

そのためにできることというのが、「女性に対する言葉遣い」を見なおすという物なのですが、「命令口調で接している場合は、今すぐにやめる」ようにしてください。

なぜこのようなことを書くのかというと、恋愛に冷めやすいと感じていた男性の多くが、命令口調で接している女性が複数人いるということが、今回友人にアンケートを取る中でわかりました。

とくに理想が高い男性にはこの傾向が強く表れていたのですが、「年齢が下~同じまでの女性には全員に対して命令口調」だという人が3人もいて、女性をどのように見ているのかというのは、女性に対する言葉遣いにでてしまっているのですよね。

言葉というのは不思議な物で、口から出していればそれが自分の気持ちにも影響を及ぼすので、「命令口調で接し続けている限り、女性が下の存在だという間違った認識が消えない」のです。

その間違った認識を正すためには、まずは自分の態度から変えていく必要があり、「意識的に言葉遣いを見なおすこと」だけでも、女性への関わり方には確実に変化がでてきます。

まず、「命令口調で会話ができなくなれば、何かをしてもらう時にはお願いをしなくてはいけない」という状況になるので、今までとは会話の内容ががらりと変わりますよね。

「お茶くらいさっと出せよ!」なんて言っていた場面でも、「悪いのだけどお茶いれて貰ってもいいかな?」などのように、同じような状況でも雰囲気がまったく違うのです。

たったこれだけの違いでも、印象は大きく違いますし、自分の口から出す言葉がまったく別の物に変わっているわけですから、自分の気持ちにも徐々に変化が出てくるのは当然ですよね。

このようにして女性との関わり方が変わることで、女性を見る目も変化していき、女性を下に見るという歪んだ気持ちが整理され、「結果的に冷めやすいという悩みへの対策にもなる」のです。

理想の高い人が恋愛で冷めやすい理由のひとつである、減点方式で女性を見てしまうということ自体が、そもそも女性を自分よりも下にみているからこそしてしまうことなので、それが気にならなくなれば今よりも上手に立ち回れるようになることは想像できますよね。

冷めやすいという悩み自体が、どんな形であれ根本的な部分を解決していくことでしか中々解決できないのですが、それでいて自分では理解や解決が難しい悩みでもあるので、ここまでに解説した内容は自己分析などにもぜひお役立てください。

また、このように自分の気持ちを整理していくことの他に、「自由に恋愛をしてみる」というのも効果的な方法なので、とてもオススメです。

自分の行動範囲だけではなくもっと自由に恋愛をしてみる

というのも、自分の行動範囲内での恋愛というのは日常の延長線上にあるもので、出会える女性というのも限られていますし、とくに理想が高いというワガママな男性にとっては物足りなさを感じてしまいます。

そこで私がオススメする方法というのが、「恋活アプリを使っての恋愛」なのですが、「自分の行動範囲とは関係なく新しい出会いをさがせることで新鮮さがある」ということや、「検索機能を使ってある程度自分の好みに合わせて絞り込める」というワガママさんでも扱いやすいツールなのです。

とはいえ、アプリだけでもとても沢山の種類があり迷ってしまうと思いますので、私のオススメアプリを簡単に紹介しておきますが、ペアーズ」と「マッチドットコムの2つは本当に出会いに役立つアプリと言えます。

ペアーズは人気と実力は出会い系アプリ界トップクラスですし、ユーザー数の多さや、そこからくる出会いやすさというのが、とても魅力的なアプリです。

マッチドットコムは、他のアプリとは少し雰囲気が違い、最初の内は少しだけ扱いにくいと感じる人もいるようですが、マッチングを必要としないメールシステムなど慣れればかなり重宝するアプリと言えます。

 

この2つ以外にも、出会い系アプリやサイトというのは複数あるのですが、当サイトでは本当に出会えるアプリの解説なども行っていますので、合わせてチェックしていただけますと幸いです。

 

気分を変えることもできますし、自分のワガママにも応えてくれる便利な物なので、恋愛下手なのではと気にしている人も、ご安心してご利用してみましょう!

この記事ですでに書いてきた対策などと同時進行で、合わせてアプリもご利用いただくことで、さらに大きな効果が期待できますので、この機会にぜひ登録をしてみてください。

最後に

恋愛をしたい、彼女が欲しいという気持ちはあるのに、どうしても付き合う前に冷めてしまうという悩みは、気持ちが混乱してしまいとてもツライ物なのですよね。

しかし、この記事でも解説をしてきたように、ほとんどの場合が恋愛感情という物が歪みはじめていることが理由であり、そういった部分を整理し気持ちに変化を加えていくことで解決できる物なのです。

自分の気持ちを変えるということ自体簡単なことではないのですが、意識して行うことで確実に効果が現れる部分ということもあり、この機会に新しい自分へと進化をするような気持ちで、ぜひ自分を見つめなおしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング