好きな人には彼氏や好きな人が…片思いのまま?それとも略奪愛を狙う?

誰かを好きになった時、すでに相手には好きなひとや恋人がいる場合やすでに結婚をしているなどという場合もあり、自分がその相手と結ばれるためには関係を壊して奪わなければならず、「世間ではそれを略奪愛」と呼びます。

普通の恋愛とは明らかに違いがある物で、恋愛経験の有無や数には関係なく、誰にとってもとても複雑な恋愛ですし、簡単に整理できるものではありません。

そこでこの記事では、「ただの片思いとは違う」ということや「略奪愛だからこその立ち回り方」、「略奪愛を経験したからこそわかる苦悩」などを、経験者の友人に聞いた意見も参考にしながら解説を進めていきます。

そもそも略奪愛と聞けばイメージは悪いですし、たとえ奪うまでに至らなくても、「決まった相手がいる人に片思いをする」ということ自体に、多くの人が不安を抱くはずです。

片思いをするだけでもリスクがある

これが好きな人に、すでに好きな相手がいたというだけであれば、いくらでも巻き返すことはできるでしょうし、略奪愛ですらありませんよね。

というよりも、極々普通の片思いだと言えますし、「とくに心配する必要もないですし、たとえ成就したとしても世間から冷ややかな目で見られることはない」のです。

しかし、すでに決まった相手がいた場合には、不倫や浮気という恋愛のはじまり方になり、最終的に自分が結ばれたとしても周りから祝福されることはありません。

これを自分にお置き換えて考えてみてほしいのですが、自分に彼女や奥さんがいたとして、知らぬ間に別の男と恋愛を進展させ、最終的に奪い去られたとしましょう。

怒りや悲しみ、憎しみなどといった負の感情に支配されるでしょうし、あまりの苦痛に精神的にやられてしまい、相当ツライ思いをすることが想像できますよね。

自分が略奪愛を実らせた場合にも、同じように苦しむ人が必ず現れてしまい、少なくともその人物からは祝福されないどころか、なにかしらの復讐(悪い評判を流すなど)をされてしまうことすらあります。

ここまでの話だけでも、相当特殊な恋愛だということは十分にご理解いただけたと思うのですが、この恋愛の恐ろしい所は、「たとえ片思いでも評判を落としかねない」ということなのです。

なぜなら、自分にそのようなつもりはなく純粋に恋をしてしまったとしても、「世間からすれば、私は浮気や不倫をします!」と宣言しているような物だからなのです。

たとえば、「今俺好きな人がいるのだけどその人彼氏いてさ…」などと友人に相談をされたとして、表面上は取り繕ったとしても、「それ大丈夫なのかな?」と内心では疑問を抱きますよね。

そのような些細な疑問を抱くと想定できるようなことというのは、世間から見た場合に、もっと大きな批判などへと膨らんでしまいますし、自分の気持ちや考えとはまったく違う内容に捉えられてしまい拡散していきます。

それが会社内などで広がりを見せたとしたら、悪い方へ悪い方へ話がねじ曲がってしまい、ただの片思いのはずが、まるで悪者かのような扱いを受けることになるのです。

片思いとは言え、それなりの覚悟を持って思い続けなくてはなりませんし、噂を警戒するのであれば相談すら簡単にはできないわけで、「密に思い続けるといういばらの道を歩むこと」になります。

 

密に思い続けるなんて簡単にはできない

やたらと相談できるわけでもなく、「自分は結ばれなくてもいいから相手を好きでいるだけなら自由だよね」なんて、まるで仏のようなことを言いだす方もいるのですが、純粋に相手の幸せを思いながら自分は見ているだけということができますか?

私ならまずムリですし、「別れてくれたら…」「その時のためにも少しでも仲良くなっておこう」などと、邪な気持ちが常に湧いてきますし、いつまでも片思いのままなんて耐えられません。

そうなってしまえば、必ずどこかでボロがでますし、耐えることは苦痛、そもそも耐えきれなくなってムリを承知でいきなりアプローチをかけてしまうなんてこともあり得ます。

大人なのだから大丈夫だよ、などと今は余裕で構えていられるかもしれませんが、時間がたつほどに苦悩はましますし、確実に追い詰められてしまうのです。

絶対にできないことだというつもりはありませんが、どうしても自分にいずれチャンスがくるのではないかという期待が芽生えてしまい、その時点で純粋に相手の幸せを願うということは言っていられなくのではないでしょうか。

密に思い続けるということもとても覚悟がいることですし、本当にそれで自分が満たされるのであれば素敵なことだと思いますが、ハッキリとした目的もないですし、ツライ気持ちを持ち続けることになるのです。

それなら、「何を言われてもいいと覚悟を決めて思い切ってアプローチをかけ続ける」ほうが、自分にとっては充実した恋愛が楽しめますし、リスクを背負って略奪愛の道を歩むことも選択のひとつだと言えます。

 

略奪愛は可能!経験者の友人カップルに話を聞いてみた

もちろん、これがオススメできるような恋愛の形ではないということを私も理解していますし、片思いをし続けるよりも余程リスクは高いことなのですが、「略奪愛が実る場合は2人にしかわからないことがある」わけです。

奪う方と奪われる方双方にその道を選択した理由があり、その2人とっては、「略奪愛を貫こうとした男性の決断は正しい物」であり、周りは関係ないのですよね。

 

とはいえ、お互い誰かに相談するということは気軽にできるものではないですし、とくに略奪をする側はリスクも大きくなり、だからこそ密に思い続けようとする人も多くいます。

しかし、世間では略奪愛を実らせて幸せに暮らしているカップルもいて、実際に略奪愛を実らせた友人カップルに簡単なインタビューをすることもできたので、もう少し詳しく解説をしていきます。

略奪の立ち回り方やその時に気持ちなども聞くことができ、略奪愛を実らせたいと思っている方には参考になる内容ではあるのですが、リスクは十分に覚悟していただいた上で、お役立てください。

・「略奪愛を成し遂げるまでの期間は浮気をしている状態で、コソコソと怯えながら隠れて恋愛をしていて、正直幸せとか楽しいなんて気持ちよりも罪悪感が強かったけど、今は結ばれてようやく幸せになれた」マサト28歳/アケミ26歳

 

アケミさんに彼氏がいる状態で出会い、2人は略奪愛という形で付き合いはじめたわけだけど、付き合うまでの過程ってどんな感じだったの?
略奪愛っていくつかパターンみたいな物があると思うのだけど、僕の場合はアケミが前の彼氏と付き合っているときに愚痴を聞いてあげていたところから惹かれてしまい、告白に踏み切ってという

 

まず、マサトの話してくれたパターンという物なのですが、以下にまとめてみましたので、一旦そちらをご覧ください。

 

状況 詳細
(1)相手に恋人や家庭がある状態から付き合いはじめる 浮気や不倫などを経て、最終的には略奪を成し遂げる
(2)相手に恋人や家庭はある状態から付き合いはじめ、結婚をするために別れて貰う (1)と違いはないが、結婚を目的にしているパターン
(3)相手に恋人や家庭はあるが、その間は友人として関係が深まり、別れてから結ばれる あくまでも別れるまでは肉体関係などはなく、友人としてのお付き合いを経て、別れたのちに恋愛としてのアプローチをかける

ざっとこのようなイメージでパターン分けができるのですが、今回の場合は(1)が当てはまっていて、(3)の物に関して一見略奪感はありませんが、お互いに意識してしまい破局につながることが多いので含んでいます。

 

ちなみにアケミさんはこの時どのような気持ちだったの?彼氏がいるのにアプローチされて、二股状態も作り出しているけど、罪悪感とかはなかった?
もちろん罪悪感はあったけど、前の彼氏とは冷めきっていて、正直いつ別れてもおかしくないと思っていたので、アプローチをかけてくれることに悪い気はしなかったかな
それなら最初の相手とはすぐに別れてもよかったのではないかと思うのだけど
私も今はそう思うけど、当時はマサトさんに彼氏のことを相談しているような状態で、まだ好きという気持ちもあったから、中々判断ができなかった
まあ、僕がそこにつけ込んだような形になってしまい、うまくいっていなくてツライなら僕と付き合えばいいと言ってしまったのだけど、それで悩ませてしまった部分もあったと思う
だからといって二股をかけたことに間違いはなくて、けどこんなこと誰にも相談はできないし、自分でもどうすればいいのかわからないような苦しさはあった

 

ここまでの内容でわかったことが2つあり、「女性の相談に乗るという環境は恋愛を誘発させやすい」ということと、「略奪しようとすれば相手を悩ませる」ということなのですが、とくに後者は略奪愛を考えているのであれば知っておかなくてはいけないことです。

お互いに恋愛感情が芽生えてしまったからこそ、自分だけではなく相手にもツライ思いをさせてしまうわけで、それも含めて覚悟をして挑まなくてはなりませんし、自分だけの問題ではないということは忘れないでください。

 

ちなみに、マサトは二股という状況に関しては、どう思っていたの?
僕はそれでもいいから自分と付き合ってほしいと言ったし、最終的に自分の方に来てくれればいいと思っていたので、そこはアケミに委ねてしまった部分もある
けどそれってエゴじゃない?自分はそれでよくても、結果的にアケミさんを悩ませたわけだし、別れるのを待って付き合うという選択肢はなかったの?

 

イジワルな言い方になっているのですが、率直な疑問でとっさに出てしまった言葉だったので、今になって反省はしていますが、同じ男として正直疑問に感じた部分でもありました。

 

それはいう通りだし反論の余地はないけど、なんとしてもアケミと付き合いという気持ちもあって、待っていたらいつまでもこの状況が続くという気がしていたので、アタックしまくるということをしてしまった

 

自分が付き合うためには結果的に得策だったと思いますし、普通の恋愛でも積極的なアプローチというのは攻略にもなりますが、状況が複雑なだけにリスクもありますし、相当な覚悟があったのでしょうね。

というのも、当時は同じ会社に勤めていたらしく会社内での評判にも関わる問題ですし、マサト自身もそういった部分では、常に不安と戦いながら告白をしたそうです。

 

そのように色々と苦悩を経て、最終的には2人が付き合うことになったわけだけど、それで幸せにはなれた?
今は本当に幸せだと言えるけど、当時は悪い噂が会社内で広がってしまって、僕もアケミもその会社に居座れない空気になったりもしたよ
だから2人で転職して、今は別の会社で働いているけど、そうやってツライことも乗り越えながら、今は当時よりも幸せに暮らせている

 

形は略奪愛という決して声を大にして称えられるような恋愛ではないですし、「会社にいにくくなって転職をする」という経験もとてもハードな物なのですが、「2人はそれでも幸せで、周りは関係なく自分たちがどう感じるか」ということが大切なのでしょう。

 

正直いざとなれば会社を辞めることも覚悟していたし、それに関しては、そうなる前にきちんとアケミとも可能性を考えて相談もしていたので、それくらい強い信念や覚悟は必要だと思う

 

というような話もしてくれたように、自分だけではなくお互いがリスクを理解し合えて、それでも結ばれたいと2人で思えるような信頼関係は必要でしょうし、とてもハードルの高い恋愛だということなのですよね。

また、結ばれるまでにも苦労をして、結ばれてからもツライ思いをする可能性のある略奪愛ですが、「とくにツライことはほとんどの人から祝福されない」ということだそうで、これについても少しだけ話をしてくれました。

 

経験者が語る祝福されない時の気持ち

それから、アケミが結婚をしていたわけではないから少しマシなのかもしれないけど、どういう形でも略奪愛は祝福されない物だということも痛感した
というと?
今回は社内にその元カレがいたこともあって、よかったね、おめでとうなんて言葉をかけてくれる人はいなかったし、関係のない人たちからも冷たい目で見られることになって
それぞれが完全に孤立したし、私とマサトさんだけドロドロした別世界にいるような感覚で、どこにいても何をしていても周りが敵に見えるような気がするくらいだった

 

このケースでいえば、一応は社内や広がっても友人というところまででしょうが、家庭のある人が相手だった場合、そこからの略奪となれば自分達の家族にまで見捨てられる可能性があるわけですよね。

それだけのリスクを背負った恋愛だということも理解して、そして想定して挑まなければ、とても耐えきれるレベルのツラさではないでしょうし、その時点で関係は壊れてしまうことも多いのですよね。

芸能人などの略奪愛に関するニュースなどを見ていても、壮絶な叩かれ方をしていますし、イメージすらも変わってしまうことがご理解いただけると思いますので、環境こそ違いますがそれなりのことは覚悟しておきましょう。

 

まあ、会社をやめるくらいだからね…
悪くも言われて、祝福もされなくて、本当に2人だけでどうにかしないといけないという状況にもなるし、何度もいうようだけど相当な覚悟は必要だからそこは絶対に覚えておいてほしいかな
幸せと引き換えに失う物の大きさは、普通に恋愛していれば経験することのないような大きさだし、できることなら他の人には同じような苦労をしないでほしいと思うようなレベルだしね
なるほど
それにその時の彼氏からはアケミを、アケミからは幸せを、それぞれから奪うもしくは破壊してしまうような恋愛でもあるので、そういった部分もわかった上で略奪愛を考えてほしいと思う
色々と嫌な話とか、少し嫌味な言い方になってしまった部分もあったけど、最後までありがとうございました

 

今回のインタビューを通じて、略奪愛が不可能な物ではないということ、だけど成就させるまでやその後にはそうとうな苦労が待っていること、略奪愛とはどういう物なのかあらためて理解することができました。

それぞれが幸せだと思えるのであれば、間違った選択ではないのでしょうが、それと引き換えに失うリスクのある物というのは、とても大きく下手したら取り返しのつかないような物なのですよね。

 

ですが、お互いにこれだけのリスクを背負いながら、それでも愛し合って歩んでいくことができるということに関しては、不謹慎かもしれませんがとても素敵なことだと感じました。

幸せの代償は大きいのかもしれませんが、その代償をも乗り越えられるような信頼や愛情というのは、そう簡単なことではないですし、今後はもっと幸せになっていただきたいと願っています。

しかし、1歩間違えれば人生すらめちゃくちゃにしてしまいかねない恋愛ですし、誰でもこのような覚悟で向き合える物でもなく、「潔く諦めて次の恋を探すという選択」だって間違っていません。

 

諦める勇気…次の恋を探そう!

「叶わない、叶えてはいけない恋愛というのは、時間が経てば経つほど思いが強くなってしまう」物なので、気になりはじめた段階で諦める勇気をもつことも大切なのですよね。

どんどん後には引けなくなり、諦めがつかなくなり、そうやって悪循環にハマっていくことで、悩みや不安も膨れ上がってしまいます。

ただ、いざ新しい恋を見つけようと思っても、自分の周りだけでは今の好きな人がもっとも魅力的だったからこそ恋をしているわけで、中々切り替えが難しいのですよね。

そのような場合には、一旦自分の周りの女性から探すことはやめて、「恋活アプリを使ってみる」という方法も、気分や視点が変わるのでオススメしています。

とくにオススメなのは、ペアーズ」と「マッチドットコムの2つで、それぞれに良さがあり、双方とても人気の高いアプリなのです。

ペアーズは恋活に特化していて、ユーザー数も多いという特徴があり、純粋に出会いやすいアプリなので、比較的初心者の方でも使いやすいアプリと言えるでしょう。

もうひとつのマッチドットコムは、どちらかといえば婚活色が強い印象があり、それでいて幅広い利用目的に対応してくれるアプリなので、私自身とても使いやすい印象がありました。

 

この2つ以外にも、当サイトではいくつかのアプリやサイトを紹介していますので、この機会にチェックしていただき、興味があればぜひ登録してみてください!

他のアプリについても以下の記事で解説していますので、併せてお読み頂けますと幸いです。

最後に

恋愛の中でも少し特殊で、マイナスなイメージが強い略奪愛という物をピックアップして、解説を進めてきたのですが、どのような恋愛なのかを理解していただけましたでしょうか?

突き進むべきか、それとも諦めるのか、どちらも簡単に決断できる物ではありませんし、それだけに苦悩もするはずです。

現在このような状況で不安や悩みを抱えている人達が、自分なりの答えを出すために、これで良かったと思えるこたえを見つけ出すためのヒントに、ぜひこの記事をお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング