恋愛で相手の気持ちがわからなくて不安…でもそれは本当に必要なことなのか?

恋愛というのは本来楽しい物であり、幸せを感じることのできる物なのですが、いざ自分が恋愛をするとなると、不安や悩みが勝ってしまい楽しめないということもありますよね。

中でも、「相手の気持ちが知りたい」という悩みを抱える人が多くいて、とくに自分のことをどのように思っているのかが知りたいと考えている人が多いいのですが、「それは失恋のリスクが高まる思考」なので注意してください。

今回の記事ではそのような悩みから失恋をしてしまうことがないように、「どうして知りたいと思うのか」ということを見つめなおし、「もっと知るべきこと」などの理解も深めていただきながら、不安を解消して恋愛をスッキリ楽しめるようにしていきましょう。

なぜ知りたいと思うのか

とはいえ、不安を解消するには漠然と解決策だけを理解しても意味がなく、少し細かく整理をしてみて、「不安の根源を見つめなおすこと」が大切です。

悩んでしまった場合や、不安を感じた時というのは、どうしても答えだけを探して満足してしまい、上辺だけ解決してまた同じことに悩み不安を抱えるのですよね。

それが恋愛ともなれば、自分だけの問題ではなく他人を相手取るものですし、相手によって解決策も異なるわけで、さらにそこに異性というオプションが加わることで余計に複雑と言えてしまいます。

このように複雑な状況というのは、不安や悩みを抱えてしまいやすくなりますし、そうなれば女性の気持ちを理解したいと思うことは必然で、私もそれ自体を否定しているわけではありません。

ただ、相手の気持ちを知りたいと思う理由というのは2つに分類できるのですが、「相手のために理解したい」場合と、「自分のために理解したい」場合があります。

本来理想の形は、「なにが好きなのか」や「どうすれば喜んでもらえるのか」、「なにをされると嫌なのか」などのような、相手のために相手を想って悩む物なのですよね。

しかし、「自分のことをどう思っているのか知りたい」という感情は、同じ気持ちを知りたいという感情でも、「自分が不安だから」や「気持ちがわかれば失敗もしないから」というような自分目線のネガティブな物なのです。

たしかに、それを知ることができれば、相手に好かれていないのに思い続ける必要はなくなりますし、自分に好意を向けてくれている相手を探して狙えば確実に付き合うこともできてしまいます。

ですが、「そのような考えに至る人は、本当にその人を好きだと思っているのか」ということが、とても疑問で違和感もあるのですよね。その時点で相手が自分を好きでなければ、それだけで諦めてしまうことが出来ると言っているようなものですし、「自分が好きなのかどうかは関係ない」わけで、「好きだから付き合いたいのではなくただ彼女が欲しいだけ」に感じてしまいます。

 

とはいえ、これはある程度仕方のない部分もあり、今までに付き合った経験がなければ、私の言っていることを現段階では理解できなくても可笑しなことではありません。

ここまでの内容はあくまでも基礎の部分であり、経験の少ない方を中心に整理していただいた段階ですので、これからもっと詳しく考え方理解していただき、不安を解消してください。

 

自分へ向けた気持ちを知ろうとすることの3つのリスク

それでは次のステップへ進めて行くのですが、自分のことをどのように思っているのか知りたいという感情はあまり良い物ではないという書き方をしましたし、「これは恋愛をする中でリスクになる」ということも書きましたよね。

考え方ひとつでリスクなんて大げさに捉えられてしまうかもしれませんが、考え方というのは行動につながる物なので、この辺りを疎かにしていると、失敗続きになる可能性も高くなります。

それだけ重要なポイントなのですが、中でも自分へ向けた気持ちを知ろうとすることには、どのようなリスクが存在するのか?3つのポイントにまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

「周りに聞いて回っているのが相手に知れた場合には幻滅される可能性がある」

まずひとつ目は、相手が自分のことをどのように思っているのか知る手段として同僚や友人などといった共通の人物に話聞く、相手に聞いてもらうというケースがありますが、そのことが本人に知れてしまえば幻滅されるリスクがあるのです。

これが相手のことを考えての行動であれば、とくに不信感を与えることはない場合もあるのですが、「自分のいないところで自分のことを噂されている」というのは、気持ちのいいことではありませんよね。

「自分のことを好きなのかどうか聞いてきたよ」なんて、たとえ内緒にしてくれと頼んでいたとしても本人に直接言われてしまった場合、「卑怯や小さい男という印象を与えてしまう」ことで幻滅されてしまうのです。

なんとなく聞いてみたり内緒にしてというような頼み方をして聞いて貰ったとしても、意中の相手にどのような伝わり方をするのか、頼んだり相談をした人物がどのような言い方をするのかはわかりませんし、「噂というのは形を変えて伝わる物」ですよね。

その相手が自分に対して好意を持ってくれていた場合、奇跡的に好転することもありえますが、多くの場合は失恋へと導く切掛けでと姿を変えてしまい、後悔することになるので注意しましょう。

 

自分へ向いている気持ちが知りたいと思うと、その時に感情だけで我慢ができなくなり、「他人から他人へ伝わる場合にはマイナスに伝わることが多い」ということを忘れて、冷静な判断ができなくなってしまいます。

ただ、恋愛相談が悪いという話ではありませんので、そこを勘違いしないでいただきたいのですが、「他人を利用して相手の気持ちを確かめようとすること」は、リスクを伴うということです。

一見近道のように感じる他人を使って事実を知ろうとする方法ですが、逆に失恋への近道になることもありますし、成功するためには回り道こそ最大の近道という言葉もあるので、くれぐれも焦らずに行動してくださいね。

 

「相手の気持ちが今は自分に向いていなくても、後々変わる可能性は十分にあるのにチャンスを逃してしまう」

そして上にも書いたような手段で相手の気持ちを知ったとして、もし自分に好意を寄せていなければ、たったそれだけのことで、「よしあきらめよう!」となるのでしょうか?

それで諦めがつくような気持ちであれば、それは相手のことを本当に好きなのか疑問ですし、周りに好きだと言っていた場合、「軽い男だな」という印象で見られることにもなります。

また、諦めきれなかった場合にはかなりのモヤモヤが残りますし、他人伝に相手は自分の気持ちを知っている可能性もできてしまい、「どう接していいのかわからない」という悩みへと変わってしまうのです。

「相手のことを考えて諦める」という言い方をしてしまえば響きはいいのですが、そもそも諦める理由が不純ですし、それなら聞く前に諦めた方がお互いのためにもなったはずで、決していい結果には結びつきません。加えて、ある程度関係を築き上げていく中で恋愛に発展することもあり、「必要のない自分を好きかどうかの情報を知りさえしなければその後付き合えた可能性もある」ので、大きなチャンスを逃してしまいます。

 

恋愛の切掛けは一目惚れという形もたしかにありますが、すべての恋愛が一目惚れからはじまるわけではなく、一緒に過ごす機会の中で関係が深まり、恋愛に発展して付き合うに至ることの方が多いのですよね。

とくに出会ってから早い段階で相手の気持ちを確認して、決断までしてしまうというのはあまりにも幼稚な恋愛ですし、そのようなことを繰り返していては実るはずの恋愛も取り逃してしまい、いつまでたっても恋人を作ることなんてできなくなってしまいます。

その時点で自分に気持ちがないと分かってしまった場合、「よし!ここから頑張るぞ!」とモチベーションを上げることができる人というのは、恋愛経験者であっても数少ないですし、むしろ余計な情報を知ることでネガティブな気持ちになるのです。

それならいっそのこと、「告白するまでは他人を通じて相手の気持ちを知ろうとしない」という気持ちで恋愛に向き合った方が、その後の進展も期待できて成功の可能性も高いので、目先の答えは一旦気にしないようにして恋愛してみてください。

また、このようなことばかりを気にしていると、その相手との関係づくりもうまくいかなくなり、気がつかない内に余計恋愛がうまく回らず苦労する原因となるのです。

 

「そればかりが気になってしまうことで関係づくりに失敗してしまう」

たしかに相手にどのように思われているのかというのも、恋愛をしていれば気になるというのは事実で、私でもまったく気にしないのかと言われればそんなことはありませんし、それなりに考えてしまう物ではあります。

しかし、それだけが気になってしまうことで、他のことに気が回らなくなり、結果的に失恋をしてしまうという経験もしてきました。

そのようなことをいくらひとりで考えていても答えは出ないですし、ハッキリ言ってムダな時間でしかないのですが、それでもついつい考え込んでしまうことで、「他のことに悩む時間がなくなる」のですよね。

どのような会話をしよう、どうやってデートに誘おうかなど、相手との距離を縮めるためにもっと悩むべきことは沢山あるのですが、そういった大切なことまですっ飛ばして答えだけが気になってしまうのです。数学でも式があり答えにたどり着けるように、恋愛も過程があって最後に結果がついてくる物なので、それだけを追い求めていては成功なんてできません。

恋愛は絶対に1回切りしかないと言い切れるものではありませんし、たとえ付き合うことができたとしても、別れてしまえばまた新しい恋を探すもので、その度に同じことで悩み続けることのないようにしてください。

また、ここまでに解説をした3つのリスクというのは、「自分のために知りたいことで悩む」ということが共通しているのですが、上手に恋愛をしていくためには、「自分が今知るべきこと」を考えて行動していかなくてはなりません。

 

もっと知るべきたった2つのポイント

このような言い方をすると少し堅苦しいのですが、決して難しいことではなく、たった2つのことを意識していただければ、飛躍的に恋愛で立ち回りやすくなります。

 

「相手の趣味などを詳しく理解し、自分もその趣味に対して共感できるように調べる」

まず必要なことは相手との関係を築き上げることで、そのために大切なことは、「相手を知ること」であり、それができないことには先には進めません。

会話をするにしても、デートに誘うとしても、相手を理解できていなければ噛み合うことは難しいですし、関係が進展しないまま時だけが過ぎてしまいます。

そうならないためにも、相手のことをできるだけ知るために努力をして、コミュニケーションが取りやすいような環境を自分で作ることで、距離を縮めやすくしていく必要があるのです。

そのためにまず抑えておきたいのが、「相手の趣味」で、これがもっとも相手を知ることのできる物であり、必要不可欠なポイントでもあります。

その人の特徴が色濃く出やすい物なので、アウトドア派かインドア派、スポーツは観戦派かプレイ派かなどの情報だけでも、雰囲気で特徴が掴みやすいですよね。

また、たとえ自分が詳しくない分野であっても、今の時代はネットを使って簡単に調べることもできるので、情報に困ることがありません。

さらに、異性との距離を縮めようと思ったときに、共通の話題があるととても役立つのですが、「趣味であれば意図的にその状況を作り出すことができる」のもポイントです。

出身地などのように変えることのできない物とは違い、自分の意志ではじめることのできますし、「相手が趣味にしている物に自分も興味をもつ」ことができるので、誰でもある程度は歩み寄ることができます。

「最近〇〇に興味があるのだけど、たしか詳しかったよね?」のように、話しかける切掛けにも使えますし、その後趣味を通じてデートにも誘やいやすくなりますよね。また、同じ趣味で盛り上がることができれば、「相手の気持ちに共感できる」ようになるので、スムーズに距離を縮めることができるのです。

 

必然的に相手のプライベートな部分に踏み込むことができ、多少下心を警戒する女性もいるでしょうが、自然に歩み寄り、相手への理解を深めることができるようになります。

このようなことから関係が進展していけば、業務連絡的な物以外でも接する機会が多くなり、「どのようなことで喜んでくれるのか」ということを知る機会も増えていき、アプローチもかけやすくなるのです。

色々と難しく考えてしまうと悩みや不安が膨らんでしまうのですが、趣味というひとつのポイントに的を絞ってみるだけでも、かなり行動もしやすくなりますので、最初はこれを意識しながら立ち回ってみてください。

このように、相手と共感しあえて関係を進展させるためのポジティブな材料というのは、相手を知る上では欠かせない物なのですが、「逆に相手の嫌いと感じる材料も知らなくてはならない」のです。

 

「相手の地雷を踏まないために嫌いな物や嫌なことを理解してあげる」

たとえば、なにかコンプレックスがあったとして、知らなかったとしてもそれに触れてしまえば、確実に嫌な思いをさせてしまいます。

これは自分に置き換えてみるとわかりやすいのですが、自分が気にしていて言われたくないことを、たとえ好きな人や仲のいい友人だとしても、触れられることで不快感をいだくことはありますよね。

好きな人になら何を言われても許せる、などと思っている人もいるでしょうが、「好感を抱いている相手だからこそ些細な切掛けで冷めてしまう」ということも多く、これが良い雰囲気で関係が進展している状況であれば余計に危険と言えます。

これは不思議な話なのですが、「異性に対して恋愛を意識しはじめた段階というのは、相手の嫌な部分を無意識に探してしまう」ので、小さな失言や行動がとても印象に残ってしまうのです。

そのような失敗をしないために、相手がどんな物が嫌いなのか、何をされると嫌なのかをできるだけリサーチしておき、間違っても自分は相手を傷つけないような心構えもしておく必要があります。

とはいえ、どのようにしてそれを把握していくのかということも重要なのですが、「まずは相手に直接聞く」のがわかりやすく、それでいて確実な方法です。

少し難点を上げるのであれば、聞き方を間違えてしまえば不快な思いをさせてしまうということで、せっかく相手に嫌な思いをさせないためにリサーチをかけたいのに、一気に不機嫌になってしまう可能性もありますからね。

これが嫌いな食べ物や嫌いな物なんかであれば、とくに工夫せずにそのまま確認をしてしてもなんの問題もないのですが、コンプレックスなどの言われたくないことに関しては、直接的な質問をぶつけてしまうことのないように注意してください。

遠回りですが無難な方法としては、女性は褒めてあげることで、「そんなことないよ!最近少し太った気がするし」のように、なにかしらのコンプレックスを引き合いに出してリアクションしてくることがあります。

これは女性の友人曰く、「最近〇〇さん太った?」と他人から言われれば確実に怒るレベルの物だという場合が多く、「褒めてくれたことに少しだけ安心をして、そのコンプレックスも否定して貰いたい」というケースなのだそうです。

なので、その女性のリアクションに対しては、そんなことないよ!と否定してあげながらも、それは地雷なのだなと把握することができます。

 

嫌いな物に関しては直接的に、言われたくないことは遠回しに、とういうようにリサーチ方法を使い分けながら、情報を集めてみましょう。

ポジティブな材料と同じくらい関係を築き上げていくためには大切なポイントですし、将来的なことを考えて、付き合ってからも役立つ物なので、ぜひ抜かりなく知る努力をしてみてください。

また、嫌いな物や嫌なことの話題になった際に、その内容次第でベストな返答の仕方という物があるので、表にまとめておきました。

相手のコメント 自分の返答
嫌いな物 ・食べ物の〇〇が嫌い

・芸能人の△△が嫌い

・同僚の□□さんの××が苦手

など自分以外の物や人に対する場合

・そうなんだ

・そうだよね

・少しわかるかも

などのように「共感をしてあげる」

言われたくないこと ・私〇〇がコンプレックスで

・でも正直△△の方が私よりも可愛いと思うよね?

など自分に対するネガティブ発言の場合

・そんなことないよ!

・そうなの?僕は素敵だと思うけど

・そんなこと言ったら世の女性に怒られるよ!

などのように「否定をしてあげる」「さらに褒めてかぶせる」

このようなイメージで対応できるようにしておくと、最低限怒らせてしまうことはないですし、むしろ好感を抱いてくれることが多い印象なので、試してみてくださいね。

これら2つのポイントというのは、相手に喜んで貰うためや嫌な思いをさせないようにと相手のことを想ってする努力なのですが、その後付き合うことができれば、結果的には自分のためにもなるのです。

リスクと合わせて意識していただき恋愛に取り入れてくことで、今自分が抱えている不安や悩みというのが、間違った方向に進んでいないかどうかを見極めるポイントにもなるので、ぜひ参考にしていただき上手に立ち回ってみましょう!

さて、ここまでの内容を理解して実施しいただければ恋愛に変化が現れるはずなのですが、今回この内容を解説してきたのは、「このような悩みは恋愛を避けることにつながってしまう」からだったのです。

 

この悩みや不安は恋愛を避けることにもつながる

なぜなら、成功体験というのは良いイメージがもてるので、モチベーションなどの維持向上にもつながり、ポジティブな気持ちで恋愛に向き合うことができます。

しかし、失敗体験を続けてしまうとそれとは逆にネガティブな気持ちが溢れてしまい、苦手意識や不安などから、恋愛を避ける切掛けになってしまうのです。

この記事を読んでいただいた方であれば、少なくともそのような負のサイクルに落ちてしまうことはないでしょうし、「どうすればいいのか」を理解していただけたはずなので、もう心配する必要もありませんよね。

実際に失恋続きで恋愛から遠ざかっていた人や恋愛は苦手だけど本当は恋人がほしい人など、色々な悩みや不安と戦っている人も沢山いると思いますが、せっかく知識をつけていただいたこの機会に、ぜひ1歩踏み出してみませんか?

 

自分の身近な相手でも構いませんし、もし気になる人がいるのであれば、話をしてみることからはじめてみる、思い切って食事に誘ってみるなんていうのもいいかもしれません。

ですが、そのように恋愛ができる環境にいる人ばかりではないでしょうし、今更身の回りで恋愛というのも何か違うという人もいると思うのですが、そのような人には恋活アプリもオススメです。

とくにオススメしたいアプリは、「タップル」と「ペアーズ」なのですが、どちらも恋愛を楽しむための環境が整った素晴らしい人気アプリで、私も実際に使っています。

 

タップルは比較的ライトなイメージが強く、より気軽に、そして気楽に、恋活を楽しむことができるアプリです。

もっと本格的に恋活を楽しみたいという人には、ペアーズがオススメなのですが、トップクラスの人気を誇るアプリなので、こちらもとてもオススメできます。

どちらも恋愛に役立つ便利なアプリですし、安心してご利用いただけますので、興味があればこの機会にぜひ登録をしていただき、少しずつ恋活をスタートさせてみましょう!

 

最後に

恋愛というのは悩みや不安がどうしても生まれてしまうものですし、それだけにツライと感じてしまう人もいるのですが、間違った歩みかたさえしなければ、とても楽しむことができる物なのですよね。

何をするとどうしてリスクがあるのか、どんなことをするとなぜいいのか、それぞれを少しでも理解しながら恋愛をしていただければ、きっと素敵な恋愛ができるはずです。

この記事を最後まで読んでいただいたことで、悩みや不安を少しでも解消できて、恋愛を楽しんでいただけるように、ぜひ皆様も恋愛にお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング