最初の数通で分かる!恋活アプリでメールの内容から脈ありかなしか見極める方法

恋活アプリである程度いろいろな男性とメールしていくうちに、メールの内容から脈ありかなしかを見極めることができるようになります。

また見極められるようになると、相手の反応や返信から「こういった文章だと好印象をもってもらいやすい」などといったテクニックも自然と身に付いてきます。

こういった見極め方やメールテクニックは出会えるチャンスを増やすことにもつながるので、もっとチャンスを増やしたい方や恋活で成功したいみなさんにここでご紹介していきます。

最初の数通で脈ありかなしかがわかる!?

いろんな男性とやり取りを重ねていくうちに自然と「この人とはデートの約束までいい感じのままいけるかも!?」とか「この男性とは多分上手くいかないだろうなあ」と期待ができないことが分かるようになってきます。

 メールの回数や相手からの返信を何度ももらう事で自然と身に付いてくるのですが、より効率的に恋活をする上ではとても重要な要素です。

 もしも脈がないなのにずっとやり取りを続けているのは時間をムダにしてしまいますよね。

有料会員で利用している人にとってみれば月額料金は決して安くないので、長い間利用し続けるのは痛い出費ですし、できるだけはやく相手を見つけたいはずです。

なので恋活アプリの利用に慣れてきたら、今度はメールの相手が脈ありかなしかを判断できるポイントが分かるようになりましょう。ここでメールが脈ありかなしか判断するポイントをいくつかご紹介します。

相手からの質問メールは好印象な証拠!

まず脈ありだと考えられるメールについてですが、相手とそのあと上手く行きそうなメールの場合は相手からたくさん質問メールがきたりすることです。

質問してくれるということは、それだけあなたに対して興味を持ってくれているということになります。好印象を持ってくれている証拠です。

 お互いに質問し合うことで距離を縮めることができますし、相手が「もっとあなたのことが知りたい」と関心を持ってくれている証拠なので会える可能性はとても高いです。

 その他にも相手が自分のことを好意的に思ってくれていると感じられる言葉がはいっていたりする場合は脈ありと考えてもいいでしょう。

ただ最初から「好きだ」と軽々しく言ってしまうような人は怪しいので過度な表現をしてくる人は疑った方がいいかもしれません

メールの時点で脈なしな場合の内容とは?

脈ありな文章とは違って「この人とは上手くいかないな」と感じるメールとはどんな内容なのでしょうか。いくつか挙げてみます。

 

そっけなかったりシンプルな内容

返信が一行とか「そうなんだー」とか「うん」とかシンプルでそっけない内容だった場合は脈なしな可能性が高いです。

自分に対して興味をもってくれていない証拠ですし、打ち解けるまでに時間がかかってしまうでしょう。

性格的にLINEやメールがシンプルでたんぱくな方も多くいますが、恋活アプリなので普通は積極的になるはずです。

 こういったそっけないような人は、あなたに興味がないかもしくは恋活しているよりは暇つぶしに利用している可能性が高いので無理にメールを続ける必要はありません。

 

メールの返信ペースが遅い

恋活アプリは普段お仕事が忙しくて空いた時間に効率よく相手を探したいという人が登録している可能性も高いです。

 なので一概には言えませんが、メールが中々返ってこない人もその後の展開は期待できないと考えてた方がいいとわたしは思っています。

というのも、忙しくても相手に対して好意や「会ってみたい」という気持ちがあればシンプルな内容であっても返信してくれるはずです。

3日くらいであれば多忙な方だとあり得るのかもしれませんが、1週間とか長く空いてしまうようであれば諦めて次の出会いを探した方が効率的です。

 

社交辞令ばかりのメール

メールも返してくれるし好印象をもちやすいメールを返してくれていても、中身は社交辞令と感じるものや一向に進展しないなと感じる人はおそらくその先良い方向へ発展する可能性は低いと考えられます。

 ういった人も暇つぶしにサイトへ登録していて、返信はしてくれるけれど中身に意味はないということが多いです。

あくまで恋活がメインなので、進展しないだろうと感じるやり取りであればやめておきましょう。

 

無理だと感じたら別の出会いに目を向ける事も大切!

出会いを真剣に探している人ほどメールが続くと思わず期待してしまうんですが、自分から関係を切ることも大切です。

 脈なしな相手といつまでも関係を続けていても時間が無駄になってしまいますし、いつまでもいい人と出会えることはありません。

 

また自分にとって最良の人を見つけるためには一人の人に執着するよりも最初は広い目でいろんな人をみることも大切なんです。ですので例え相手がいい人であっても脈がないなと感じたらそのあと続けるのはやめましょう。

 

デート後のメールで脈ありなしか見極めるポイント

 

ここまではマッチング後のメールで脈ありかなしか判断するポイントをお話したのですが、もう一つデートの後のメールで「2度目のお誘いもOKしてくれる」もしくはフラれるかをメールから見極めるポイントについてご紹介していきます。

 

 最初のデートを無事に乗り切ったらあとのメールはすごく重要ですが、もしも相手が好印象を持ってくれている場合のメールは「また会いたいです」といった次のデートも楽しみにしているような文章があると誘ってOKしてくれる可能性が高いでしょう。

 もしも相手が好意的に思ってくれなかった場合のメールは、感想はあってもお礼だけで次回移行の話が全くなかったります。

そういった場合はあまりお付き合いに前向きではないということなので、諦めるか別のアプローチ方法を考えましょう。

 初デート後のメールは直接的でなくてもデートの評価が文面に表れるものなので、相手がどう思っているのか汲み取れるようになりましょう。

 

まとめ

今回はメールの内容から相手とそのあとも上手くいくかいかないかを見極める方法についてお話しました。

恋活は焦らず進めることは大切ですが、かといって脈のない相手といつまでもメールを続けることはおすすめできません。

 自分が理想とする相手に出会えるタイミングを逃さないよう、メールからでも相手の反応を感じとれるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング