恋活サイトとは?出会い系サイトとの違いは?何ができるのか?

ペアーズって出会い系サイトなの?アプリの使い方から活用術まで!

今、世の中には“出会い系サイト”と呼ばれるものと“恋活アプリ”と呼ばれるものがあります。
ですが出会い系サイトなどを利用したことのない人からすれば、「どっちも同じじゃないの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?
ですがこの2つは全くの別物で、どちらかを利用するかによって当然出会える人の系統や目的も大きく違ってきます。

そこで今回は、恋活サイトと出会い系サイトの違いについて比較してみたいと思います。またそれぞれどういったことができるかについても解説していきます。

恋活アプリとは?

みなさんは恋活アプリというものをご存知でしょうか?
また出会い系サイトと恋活アプリが別物だとは分かっていても恋活アプリが具体的にどういったものか知らない方は多いかと思います。
正直なところ、恋活アプリの定義や出会い系サイトとの正式な線引きはありません。

恋活アプリが誕生した経緯としては元々は出会い系サイトしかなかったのですが、出会い系サイトにはアダルト系の出会いを目的にしている人が多く、サクラや業者もたくさんいることから「真面目な出会いを探す」というコンセプトから誕生しました。

SNSが普及し始めた2010年以降に本格的に知名度が上がったのですが、その利用としてFacebookとの連動で使える出会い系アプリであることが関係しています。

出会い系サイトも恋活アプリどちらも「出会いを求める場所を提供している」ことに変わりありませんが、「出会い系サイトでは得られないもっと真面目で純粋な出会いや恋愛を探したい人向けのサービス」という解釈が正しいかもしれません。

 

出会い系サイトと大きく違うところは?

今では若い人を中心にSNS上で良く目にするようになったペアーズやOmiaiなどの恋活アプリにあたります。
出会い系サービスを利用したことがない人にとっては、これらを出会い系サイトだと思っている人もいるのではないでしょうか。

先ほども少しお話しましたが、恋活アプリは出会い系サイトと呼ばれるものと違う点がいくつもあります。
出会い系サイトも恋活アプリも「出会いがみつかる」ことをコンセプトにしているところは同じですがコンテンツの内容は全く違います。

わたしは出会い系サイトもペアーズのような恋活アプリも両方利用した経験がありますが、実際に利用してみると仕組みや料金形態、登録している人の年齢層などあらゆる部分が違いました。

わたしが実際に利用していて違うと感じた点をいくつかご紹介していきます。

 

1アダルトな出会いがメインではない

出会い系サイトの場合はどうしても純粋な出会いよりはアダルト色が強い傾向にあります。
とはいっても最近の出会い系サイトは多くの人が利用しやすいように純粋な出会いや趣味とも探しなどでも使えるようなコンテンツが揃っていますが、やはりそういった人と出会ってしまう可能性がとても高いです。

またアダルトな出会いを専門とした掲示板があったりとエッチな関係目的な人が相手を見つけやすい環境でもあるのです。
対して恋活アプリには一切そのようなコンテンツはありません。
いいね機能を使ってお互いマッチングが成立することで初めて相手とやり取りができるので、不特定多数にメッセージを送ることができません。
またそういった性的なやり取りは禁止されているので通報されれば即強制退会になってしまうなど取り締まりも厳しくされています。

 

2.利用目的が大きく違う

出会い系サイトにはアダルト掲示板などといった大人な恋愛を楽しみたい人向けのコンテンツもたくさん揃えられています。
対してペアーズなどの恋活アプリはアダルト系のコンテンツは一切ありません。
2つの大きな違いと言える部分ですが、当然コンテンツに大きな違いがあるので利用しているユーザーの目的も違ってきます。

・出会い系サイト:真面目な恋人、趣味とも、アダルトな出会い、不倫など

・恋活アプリ:真面目な出会い探し

 

3.同性同士で交流できる場所の有無

出会い系サイトにはプロフィール検索で異性だけでなく同性も検索することができます。同性が書き込んでいる掲示板もみることができますし、コミュニティなどで交流することも可能です。

対してペアーズなどの恋活アプリの場合は基本的に同性との交流はできず異性との出会いのみとなります。

 

4.独身しか使えない

出会い系サイトと恋活アプリでは利用できる人の条件が違います。
中でも重要な違いが恋活アプリは独身しか使えないことです。(離婚者はOK)
出会い系サイトの場合は不倫や大人な関係に特化した掲示板があるなど既婚者の利用が多いのですが、恋活アプリの場合は一切登録できません。

真剣で純粋な出会いを本気で探している人のとってはとてもありがたい決まりだと言えます。

 

5.Facebookがないと使えない

恋活アプリの利用年齢層が20代〜30代の男女に集中している理由がFacebookがないと利用できないことです。
この世代はSNS世代と呼ばれているので、Facebookを利用している人も多いので恋活アプリを使うことに対するハードルが低いのだと思います。
またペアーズやOmiaiなどは他のSNSでも広告を出していることも多く若い人からの認知度が高い影響があります。

一方40代以上の人はSNSの利用率も低いので、恋活アプリを利用できない人や知らない人も多いようです。
無料でアカウントをつくれば利用できますが、手間がかかってしまうので簡単に利用できる出会い系サイトを使っている人が多いみたいです。

 

まとめ

恋活アプリが出会い系サイトと比べてどう違うかが分かってもらえたかと思います。

恋活アプリは出会い系サイトと比べて歴史が浅い分、これから会員数やコンテンツもさらに充実してくることでしょう。

またSNSと連動して使用するものなので、出会い系サイトよりもやり取りする相手の人柄が見えやすいので恋愛まで発展するケースが多いのも魅力の一つとなっています。

出会い系サイトでモノ足りなさを感じている人や、これから恋活をしてみようという人はぜひ恋活アプリの利用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング