サクラと勘違いされている!?出会い系サイトでの恋活で失敗しない最初のメールの書き方

出会い系サイトで気になる男性と距離を縮めていくのに大事なのがメールでのやりとりです。

その中でももっとも重要なのが最初に送るメールです。

マッチングシステムがないので自由にメールのやりとりができるのですが、女性からアプローチする場合に最初のメールで失敗してしまっているケースがどうやら多いようです。

なので今回は、出会い系サイトで恋活する際に失敗しない最初のメッセージの書き方についてお話していきます。

最初のメールで全て決まる

みなさんは男性に送る最初のメッセージの内容について、ちゃんと考えたことがありますか。

おそらく多くの人が自己紹介など軽い挨拶程度の内容を書いていると思うのですが、それでチャンスを逃してしまっている人も実はたくさんいます。

みなさんの友情は最初のメールで全て決まると思っているくらいがちょうどいいです。

男性はあなたのメールから人柄や雰囲気を判断して、メッセージを返信するか決めるのです。

 

サクラと勘違いされているかもしれない!?

真面目に文章を書いていたのに「もしかしてサクラですか?」と聞かれたことがあります。

しかもサクラに間違われたの経験は一度ではなく何度かありました。

実際にお会いしてお付き合いした男性にも、わたしのメールを見て「正直最初はサクラだと思ったよ」と言われたので、そう感じた理由を聞いてみました。

 

「丁寧すぎてテンプレートみたい」と言われた

わたしは20代なのでお会いする男性の奥が年上だということからメッセージは丁寧に書くようにしているのですが、それが逆効果だったようで

「もしかしてサクラとかですか?それだったらすみませんが他をあたってください。」と言われてメールが途絶えブロックされた経験があります。

 

文章が長すぎて違う人が書いていると勘違いされた

もう1つ言われたのが、「文章がすごく長かったから、違う人がパソコンから書いてるのかと思った」ということです。

確かにテンプレートは用意していましたが、「短いよりはいい」と考えていたので指摘を受けるまでは悪いことではなくむしろいいことだと思っていました。

後ほど解説しますが、文章が長すぎると男性は返信する気を無くしてしまうみたいです。

実際長文で送っていた時期があったのですが、返信率が圧倒的に悪くて指摘された男性と出会うまではチャンスを多く失ったと後から思いました。

 

男性が返信を嫌がるメールの内容とは?

ここで男性が返信を嫌がるメール文章について解説します。

 

絵文字・顔文字が多い文章

女性にありがちなのが、絵文字や顔文字をたくさん使っている文章です。

ですがこれもサクラや業者と間違われている可能性があります。

可能ならお会いした男性から女性から届いたメールなどを見せてもらえるとよりイメージしやすいのですが、サクラや業者が書いている掲示板投稿やメール文章は絵文字や顔文字がとても多いです。

なのでパッとみて絵文字・顔文字が多い文章だった場合は返信する気がなくなるそうです(実際にお会いした男性の意見です)

また絵文字や顔文字は文字化けしてしまうので、文字が読めず内容が理解できない場合もあります。

なので男性は返信しようとは思わないのです。

この3点が実際に男性から聞いた(言われた)サクラだと思ってしまう女性のメール文章の特徴です。みなさんも無意識のうちにサクラだと勘違いされてしまっている可能性があるので、メールの返信率が悪い人は自分が送っている内容を一度読み返してみてくださいね。

 

質問が多い文章

メールの中に質問が入っていると、男性は返事を返しやすいので結果メールのやりとりが続く可能性が高くなる傾向にあります。

ですがやりすぎはNGです。

 

男性でも時々、1つのメッセージの中に色んな質問を入れてくる人がいます。

ちょっとした話ならいいですが、プライベートや恋愛観について深堀するような質問をいくつもする人がいるのですが、これは返信する気分を下げてしまうことに繋がりかねないので注意しましょう。

わたしの経験から、1つのメッセージに質問は1つがベストです。

肯定文しかないと男性は読んだ時に返信に困ってしまうのですが、1つ質問が入って入れば話題がなくならずメールを続けることができます。

 

メールが短すぎて人柄がわからない文章

長すぎるのはだめですが、反対に短すぎるのも問題です。

例えば

 

はじめまして。

気になったので連絡しました

よかったらメールください」

 

といったシンプルな文章です。

この文章からだとあなたがどんな人なのかが全く伝わりませんよね。

また「ただなんとなく探している人なのかな」「真剣に出会いを探している人ではなさそう」と判断されてしまいます。

男性はメールの中から「この人はどんな人なんだろう」と想像して判断するので、文章の中に感情が伝わるような内容を書くことはとても大事です。

後ほど男性から返信が返ってきやすいメッセージの例についてお話しましたので、そちらをぜひ読んでみてください。

 

男性から必ず返信がもらえる最初のメールの例

 

最後に男性から必ず返信がもらえるメールの例をご紹介します。

これはわたしが出会い系サイトを使っていて、実際に最初のメールとして書いていたものです。

 

「はじめまして!

プロフィール検索から気になる男性を探していたのですが

●●さんのプロフィールを見て●●なところが気になったのでメールしてみました。

 

今は●歳で●●の仕事をしています!

プロフィールに書いていた●●はわたしも好きなので

ぜひ色々とお話できると嬉しいです。

 

もしよかったらお返事おまちしています。」

 

といったようなメール内容です。

元々はすごくそっけないメールだったのですが、内容を変えたことがきっかけで返信がくる件数が何倍にもアップしました!

ポイントは「相手のプロフィールに書いてあることを話す」ことです。

プロフィールに書いていた●●はわたしも好きなので

のところですが、こう書いてあったら「自分のプロフィールちゃんと読んでくれてるんだ」と感じて好感度があがりますし、返信しようという気になるはずです。

また長すぎず、これくらいのボリュームが好ましいです。最初から自分のことを全て話してしまうと、やりとりを続けるときに話題に困ってしまうので少しずつ小出しにしていくのもポイントです。

 

最後に

最初のメッセージの書き方についてお話したのですが、出会い系サイトではマッチングシステムがないのでこの最初のメールで相手とその後上手くいくかいかないかが決まるくらい大事です。

せっかくプロフィール検索の時点で相手から好印象でスタートしても、メールで好感度を下げてしまっては意味がありません。

先ほどお話したポイントとメールの例を参考にして、作り方を工夫してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング