出会い系サイトで必ず返信がもらえる最初のメールのつくり方!

出会い系サイトで必ず返信がもらえる最初のメールのつくり方!

 

みなさんが出会い系サイトを利用する時に相手に送るメールについて意識したことはありますか?

あまり考えずに送っている方が多いかと思いますが、実は最初のメールは相手とのそのあとの関係をほとんど決めてしまうくらいとても重要なんです。

出会い系サイトで中々出会いに苦戦している人に共通している原因でもあるので、今回は出会い系サイトで相手を探すときに必ず返信がもらえるメールのつくり方についてご紹介していきます。

最初のメール文章で全てが決まる!?

出会い系サイトは最初にどんなアプローチをするかであなたを総合的に判断することになります。

つまり1通目のメール文章があなたの第一印象になるということです。

最初のメールは送る内容次第で相手と上手くいくかどうかをほぼ決定してしまうくらい重要なのです。

男性も女性も積極的にアプローチするのはいいことですが、メールの内容や頻度を間違えると相手に嫌がられてしまう場合もありますので、相手が気持ちよく返信したいと感じてくれるメール文章をつくれるようになりましょう。

メールの時点でつまづいている人も多いので、これからメールの文章を重要視する理由と具体的な方法についてご紹介していきます。

 

メールの文章を重要視する理由とは?

出会い系サイトで相手をみつけたい人とって、最初のメールがとても重要な理由についてお話します。

サイト内で知り合う人をどんな人か判断するのに重要なポイントとなるのがプロフィール内容とメール文章から伝わってくる人柄です。

 

顔見知りの人と話すわけではないので、文章から伝わる感情がより重要視されます。

出会い系サイトにはあなた以外にも登録者が何百万人といますので、当然相手はあなた以外からも沢山のメールをもらっているはずです。

 

わたしも実際に登録したての頃は毎日10通ほどメールをもらっていましたが、全部のメールを確認して返信するようなことはなく、文章から好印象をもった人や共通の目的を持った人にだけ返していました。

めんどくさいですし、一気に沢山の人からアプローチをもらったら、自分が惹かれる人だけに返信するのはみなさん同じでしょう。

つまり最初のメールだけで今後つながりを持てるかどうかが大きく分かれてしまうということです。

男性の場合は特に重要で、女性は多くの男性からメールを日々もらっていることが多いため、あまり自分からアプローチしてくることはありません。男性こそ積極的にメールでアプローチしなければならないので文章はより重要になってくるのです。

 

最初に送るメールのつくり方

ここからは実際にメール文章のつくり方についてお話して行きます。

メールをつくる際は次のポイントをおさえて書いてみると簡潔でまとまった文章になります。

・簡単なあいさつ:シンプルで長くなりすぎないように。
・自己紹介:居住地、仕事、年齢などあれば尚よし
・どんな人を探しているか
・どうしてメールをしたのか

 

これらを簡潔にまとめて文章をつくりましょう。

ここでわたしがテンプレートとしていくつか用意しているものの中から一つご紹介します。

 

突然のご連絡失礼致します。

はじめまして。○○と申します。

 

現在は○○に在住の○○歳で、普段は○○な仕事をしています。

 

このサイトでは○○な人を探しているのですが

○○さんのプロフィールを拝見し、○○だったので

思い切ってメールしてみました。

 

もしよければメールから仲良くして頂けると嬉しいです。

 

お返事頂けることを楽しみにしています。

よろしくお願い致します。

 

いかがでしょうか。

メールを読んでみて長過ぎず、気持ちや目的が伝わる文章になっていませんか?

文章に気持ちを込めることは大切ですが、長過ぎて読んでもらえなければ意味がないのです。

 

メール文章をつくるときのポイント

ではメール文章を考える場合ですが、次のポイントにも注意してつくるようにしましょう。

 

1.必ず敬語をつかうこと

気にしていない人が多いのですが、最初の文章からため口でフレンドリーな文章はあまり良い印象を与えません。

たとえ出会い系サイトでの出会いであっても最低限のマナーは大切です。

特に女性が男性に対してメールを送るときには印象に大きく左右されるので気をつけましょう。

敬語でまとまった文章がくると「この人は普段からちゃんとしてる人なんだな」という印象を持たれますし、これだけでも返信をもらえる確率がぐっとあがるので意識してみて下さい。

 

2.利用目的は必ず伝えること

メールを見て返信を考えるのが面倒くさい内容は、返す気持ちになれないですよね。

返信する気持ちが湧かないメールとはどんな目的でメールを送ってきたかが明確でないような内容のことです。

沢山メールをもらっている人ならなおさら返してくれないですし、メールからつまづいてしまうと出会いのチャンスを逃していることになるのでとてももったいないです。

相手がメールの文章から一番知りたいのは「この人はどんな相手をさがしているのだろう」という利用目的です

なので自己紹介の文章にチカラをいれるよりも、利用目的を伝えてあげる方が大切なのです。

これを書くだけで同じ目的で相手を探している人からの返信率は格段にあがるので、メールで中々返信をもらえない人はぜひ試してみてください。

 

3.長過ぎる文章はNG

どれだけ気持ちがこもった文章であっても長すぎては相手は読んでくれません。

出会い系サイトで返信をもらえるようにするには長く情熱的な文章よりも、短い文章で気持ちが伝わる内容が好まれます。

また長文の文章は返信する内容にも気を遣ってしまいますので、先ほどご紹介したテンプレートくらいの長さを基準にして考えてみてください。

 

まとめ

出会い系サイトでメールが続かない人やメールが貰えない人の多くは文章に問題のある場合がとても多いです。

メール文章をしっかり読んで判断している人も多いので、改善すれば今よりもっとたくさんの人と出会えることは間違いないでしょう。

 

相手にとって返信したくなる文章をつくることができれば、自然とあなたへの期待度も増しますし、好感をもってもらえるとその後のデートもきっと上手くいくことでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング