出会い系サイト・アプリで出会えない・付き合えない原因はデートよりもメール?実体験から解説

ネットや書籍(雑誌など含む)を見ていると、「出会い系サイトでは恋人ができない」、「恋活アプリは付き合うことができない」という情報を発信していることがあります。

さらに、婚活アプリでは結婚はできない、といった意見も多く見られます。

恋人を作るのは絶対にムリだという伝えかたをしているケースもあり、優良コンテンツでさえも批判している物すらあるのですが、「間違った情報なので真に受けないように」してください。

このような情報を発信している人は、本気で使った経験があるのかも疑問ですし、「リアルの出会いでなら簡単に恋人が作れる」かのような勢いで、とくに解決策もなく伝えているのです。

そこで、「出会い系サイトや恋活アプリで付き合えないと言われるのはなぜなのか?」、また、「付き合えないという状況への解決策」を解説していきます。

とくに、「避けては通れないメールについてのお話」もあり、攻略につながることなので、ご利用の際にもお役立ていただける内容です。ぜひ、これから登録を悩んでいる人、登録はしたけどうまく行っていない人は、参考にしてください。

まずは正しい出会える系に登録しているかを確認

まず、大前提として「きちんと出会えるサイト・アプリ」を選んでいるかがポイントになります。

世の中には1000を超えるサイト・アプリがありますが、その中で実際に出会えるものは30程度しかありません。詳しくは以下のページをご覧下さい。

具体的におすすめなものは、PCMAXハッピーメールワクワクメールペアーズの4つです。

これらについては以下のページで詳しく解説していますので、併せてご覧下さい。

これらに登録した上で出会えない・付き合えない場合は立ち振る舞い方の改善がポイントになってきます。

これ以降は、ネットとリアルの出会いの違いや実際にサイト・アプリで出会う方法を解説します。

ネットとリアルの出会いの違い

このようなコンテンツでの出会いをきっかけに、異性と付き合うためには、「最初にネット上とリアルの出会いでの違いを理解」して、利用を進めて行く必要があります。

それぞれの違いとして、「出会った際の状況」が大きく違うので、そこの違いを、自分の中で区別していかないと良い結果には結び付きません。

リアルでの出会いでは私生活で共通点があり、自分と相手の間になにかしらワンクッション挟まるので、お互いの情報を知る機会も多く、「誰かに助けを求めることも相談することだってできる状況」ですよね。

しかし、サイトやアプリで出会う場合というのは、「プロフに書いてある情報しか知らない状態」で、お互いの関係を築き上げなくてはなりません。

共通点と言えば、プロフィールに書かれていることの中から探すしかなく、情報量が限られていますし、「自分の力で切り開くしかない」と言えます。

とはいえ、サイトやアプリでも相手の情報を知ることはできるわけで、これだけでは「双方で出会う場合にある共通点の差」も伝わらないと思うので、以下の表にまとめてみました。

リアルでの出会い サイトやアプリでの出会い
共通の友人・知人 あり

紹介や合コンの場合

職場や学校が同じ場合など

なし

出会ってから実は友人と同じ職場や学校だったという可能性はある

職場・バイト先が同じ あり

私生活の中で、もっとも恋愛に発展しやすい

なし
職場は違うが仕事で接点がある あり

会社は別でもプロジェクトなどで共同の仕事をする

店舗は違うがヘルプやイベントなどで

なし

実は一緒に仕事をしたことがあったなどの特殊ケースは可能性あり

学校が同じ あり

大学が同じ、研究室が同じ、塾が同じなど

なし

可能性はあるが、発覚するタイミングによってはブロックのされるかも

共通の趣味 あり あり

リアルで出会う場合というのは、以上の表に書いた物から最低でも2つ以上の接点や共通点があることも多く、「関係を進展させるために必要なコミュニケーションが取りやすい」というメリットがあります。

たとえば、「共通の友人や知人がいて相談をできることで、情報を得るチャンスも多い」ですし、「自分と相手のつながりには何かしらの理由」があるわけです。

ですが、サイトやアプリの場合はそういった理由がなく、「同じコンテンツを使っていることと、プロフにある共通項目(趣味や在住地など)くらいしかつながりがない」のですよね。

 

出会いのスタート時点で、共有できる情報の数や相手を信用、信頼できるのかどうかなど、これだけを見ても大きな差があります。

これは、サイトやアプリでマッチングをした、メールをはじめたという段階では、「まだリアルでの出会いでは挨拶をした段階にも達せていない」ということなのです。

声を聞けたわけでもなければ、相手の表情を直に見たわけでもなく、あくまでも文章と写真の印象でしかないですからね。

しかも、声や表情と言った情報は人の印象を作る中でも大きな要因ですし、それに加えて接点も少なければ、リアルでの出会いとは関係の築き上げ方も異なってきます。

なので、このような基礎段階での行動を間違ってしまうことで、「サイトやアプリでは付き合えない」と言われてしまうことにもつながってしまうというわけなのです。そして、その間違ってしまいやすい行動というのは、「メールのやり取り」の部分が大きく、付き合えるかどうかを左右する1番の要因と言えます。

メールのやり取りは長くしてはいけない

まず、サイトやアプリ内でするメールのやり取りというのは、「最初のコンタクト」であり、この機能を使って信頼を勝ち取ることで進展させていく必要がありますよね。

しかし、「メールから出会いがスタートするということは特殊」で、普通、リアルでの出会いではあり得ないことだと思いませんか?

なぜなら、相手と最初にコンタクトを取る場合、普通は対面するものであり、メールからやり取りがスタートするということは少ないからなのです。

社会人の方であれば、社外の方とのケースとして、事前に会う日程は決まっている状態で、メールで相談がスタートすることは考えられます。

また、紹介の場合にも、まれに連絡先を教えて貰ってメールスタートというケースはありますが、共通の友人が間に挟まってくれているのです。

このように考えると、接点や共通点も少なく会うかどうかも決まっていない男女が、メールから関係をスタートさせるというケースは、特殊な物だということがご理解いただけますよね。

つまり、「普段と同じようなメールのやり取りをしていては、上手に関係を進展させることが難しい」と言えますし、サイトやアプリ内メールだからこその立ち回りを覚える必要があるのです。

その立ち回りにおいて、普通のメールと違う点として、「話題が限られている」ということが言えます。

というのも、メールをはじめたばかりの頃というのは、雰囲気も盛り上がり、いつまでもやり取りを続けられそうな気がしますよね。

しかし、趣味や仕事、出身地や在住地などのプロフに書かれているような内容以外は話題にしにくいですし、質問の内容も限られてしまいます。

それが尽きてしまうと、メールのテンポも確実に悪くなり、最終的には会う前に関係が自然消滅してしまい、時間だけをムダにしてしまうという失敗につながってしまうのです。

 

ただでさえ特殊なケースで、それが理由で話題も限られてしまっている状況ですが、だから付き合えないというわけではなく、打開策はもちろんあります。

それは、「メールからLINEなどへできるだけ早く移行する」ということなのですが、これを意識するだけでも、付き合える確率というのは大幅に上がるのです。

同じ文章のやり取りなのに、コンテンツ内メールからLINEに切り替えることに意味があるのか?と思う方もいるでしょう。

 

しかし、これをすることで生じる2つのメリットを見ていただくことで、その疑問は解決するはずです。

ひとつ目は、「連絡先交換をすることで特別感を演出できる」というメリットがあり、サイト内では女性にメールは沢山届くため、他の男性が送ったメールに埋もれてしまうという状況が考えられます。

男性からすると、管理が大変になるほどメールが届くなんていうことは、正直想像もできないのですが、実際に女性はそれくらい沢山のメールが届いているのですよね。

そのような状況でメールのやり取りをしていても、女性からすれば出会い系の人Aくらいにしか認識されないので、進展なんて中々見込めません。

そこで、少しでも特別な存在になるために、よりプライベートなツールでのやり取りへ、できるだけ早く移行する必要があります。

たったそれだけのことなのですが、関係が進展したという印象は与えることができますし、コンテンツ内のメールでやり取りをしているライバルよりも、特別感を抱かせることができるのは大きなメリットなのです。

とはいえ、1通目から連絡先の交換を申し出るのはリスクが高いのですが、「話題の切れ目や変わり目を狙い」、「5通~10通くらいを目安に切り出す」ことで成功率は上がります。話題も残っていて、まだ質問もできるという状態で移行を目指すことで、その後のやり取りも余裕をもって行うことができるので、参考にしてください。

 

このように連絡先の交換をして、少しでも距離を縮めることで、「デートに誘いやすくなる」というのが、2つ目のメリットです。

いくら少し距離を縮めることができても、特別感を演出したとしても、このままLINEなどでやり取りを続けて行けば、ネタ切れはいずれ起こしてしまいますよね。

そうなる前に、実際に会う約束を取りつけることで、「会うための相談も話題として十分に成り立つ」ため、それも上手に活用していきましょう。

  • どこに行きたいのか
  • 何をしたいか
  • 好きな食べ物は?
  • いいお店知っている!

などのように、デートの約束や相談も実はとても盛り上がりますし、「聞きたいことやその他の話題をストックしておく」こともできます。

なので、メールから連絡先交換をできるだけスムーズに行ったら、デートの誘いもそのままの勢いでアプローチをかけてしまいましょう!

このように、スムーズに展開させていくことで、付き合うという目標に確実に近づくことができ、「実際に会うことでさらに関係を進展させる」こともできます。

 

会うことを目標に!

実際に対面することからスタートするのが普通の出会いだという話をしましたが、サイトやアプリでのスタートラインも、「実際に会ったところから」だと思って、利用してみてください。

マッチングが成立した、メールの返事がきた、そのような段階はあくまでも準備であり、「あくまでも目標は会うこと」なのです。

なぜなら、実際に会って話してみることでしか知れないことは沢山ありますし、そこではじめて相手への印象も、自分への印象も決まります。

会うことを先送りにして、沢山やり取りをした方が安心できるかもしれませんが、「話題を出し尽くしてしまえば会ってからの会話に困る」という可能性もあるのです。

話題や質問を出し尽くした状態で、はじめて会った場合だと、すでにメールやLINEで質問したようなことを再度聞くなどしか会話が思いつかないで、結局盛り上がりに欠けてしまうということもありますよね。

しかし、会うまでをスムーズに進めることができ、「会話のストックを残せている状態で会えれば、会話で気まずくならずに済む」のです。

デートの会話に困るという相談を受けることもあるのですが、これは恋愛が苦手な方や、サイトやアプリ初心者の方に多い悩みなで、会うまでのやり取りに気合を入れすぎてネタ切れを起こしていました。

何を優先に行動するのかを間違えてしまうと、ある程度関係が進んでから、取り返しのつかない状況になってしまいます。

メールからテンポよく連絡先を交換するのも、その流れでデートに誘うことも、「会った際に困らないため」であり、「上手に恋愛に発展させていくために必要なこと」なのです。

はじめの内は、今回紹介した方法では不安に感じてしまうこともあるかもしれませんが、実際に試していただくうちに、確実に感触の違いを感じていただけます。

メールから会うまでの流れというのは、サイトやアプリを利用した恋活の基礎でもあるので、ここを崩してしまうと、どうしてもうまくいかないことが増えてしまうのです。

ぜひ、意識しながら利用をしていただき、付き合えないというのが間違であり、本当に恋人ができるということを体験してみてください!

ここまでに書いてきたことは、サイトやアプリで恋活をしている多くの方が、気がつかない内に間違ってしまっていることで、あくまでも基礎のお話でした。なので、間違った認識で失敗を繰り返している多くのライバルには、十分差をつけることができますし、快適に利用することもできます。

会ってからデートが成功したあとは?

とはいえ、「会ってからどうすればいいのか?」という次のステップのお話も気になるところでしょう。

実際にサイトやアプリで女性と会い、ネタのストックもできていて、デートでの会話も上手に回り、無事に初デートは成功したとします。

その相手に対して、興味や好意を抱いた場合、次に目標にすることは、もっとその女性と仲良くなることです。

最初に意識したいポイントは、「次のデートの約束を申し出ること」なのですが、これはできるだけ早く次の予定を入れてしまうに越したことはありません。

なぜなら、「自分と会ってくれたということは、他の男性とも会っている可能性がある」からで、そういったライバルに負けないためにも積極性は大切なのです。

恋愛に苦手意識のある方や初心者の場合だと、また近いうちにLINEで連絡すればいいや、なんて考えて、誘うタイミングを失ってしまいます。

デートの終わりごろに、「迷惑でなかったら、次の休みとか教えて!〇〇に遊びに行こうよ!」のようなアプローチをかけておけることが理想でしょう。

最低でも、解散した直後にLINEでお誘いするなど、その日の内に次の約束をできないか聞いてみることが、より仲良くなるためには必要です。

デートをする中での会話や、食事、遊びにいくことなどが、もっとも確実に仲良くなれる方法ですからね。

これを繰り返していきながら、相手との距離を確実に縮めていき、恋人関係までたどり着けるように、努力をしていくわけですね。

とはいえ、職場や学校が同じわけでもないでしょうし、毎日顔を合わせるという機会はあいません。

そこで、最初は少し温存気味でしたが、「会わない時はLINEも相手のペースに合わせてやり取り」をしましょう!

最初は警戒していたネタ切れに関しても、1度でも会ってしまえば、もう気にする必要はないので、バンバンやり取りをしても大丈夫です。

たった1度会っただけでも、話題にできることは一気に増えますし、確実にやり取りもしやすくなるので、安心してください。

 

ただ、返事が遅い、タイミングが合わないということがあっても、文句を言ったり急かしたりということはないようにしましょう。

とくに返信に関しては、それぞれにペースがありますし、「自分のペースだけを相手に強要してしまうと、確実にうまくいきません」からね。

出会い方が特殊なので、関係の築き方にこそ違いはありましたが、1番苦労するその段階を抜けることができれば、とても有意義に恋活をすることが出来るようになります。

サイトやアプリで付き合うことはできない、恋人を作るのはムリだ、というような情報は、その人が間違った使い方をしてしまっただけなのですよね。

どうやって使うのかだけでも、感じ方は大きく変わりますので、この記事の内容を参考に、ぜひ皆様は素敵な出会いをつかみ取ってください。

 

不安を解消して気持ちよくアプリを利用しよう

さあ!これで出会いに対する不安も、少しは解消されて、実際にアプリを使ってみたくなっているのではないでしょうか!

悪いイメージの情報を見てしまうと、どうしても不安な気持ちが勝ってしまい、せっかくの素晴らしいコンテンツを使う勇気がなくなってしまいますよね。

本当は使いと思っているのに、「もしかしたら失敗するかも」、「使っても損をするだけかも」など、ネガティブになってしまう気持ちはよくわかります。

しかし、この記事を通して、間違った使い方さえしなければ出会うことも付き合うことさえできるということは、十分にご理解いただけましたよね。

ここで学んでいただいた攻略を、ぜひ実際に活かしていただくために、今回私がオススメするアプリは、「ペアーズ」と「ゼクシィ恋結び」の2つです。

 

ペアーズは、男女ともに多くのユーザーから支持を集めていて、恋活ではトップクラスの実力を誇る超人気アプリで、私も実際に体験してみてとても使いやすい印象でした。

また、恋活・婚活ともにカバーでき、人気結婚情報誌の名前がついているゼクシィ恋結びも、素敵な出会いを期待できる素晴らしいアプリです。

どちらもネット上で出会いを経験するのであれば、とても活躍が期待できるアプリなので、この機会にぜひ登録をしていただき、楽しい恋活を体験してみましょう!

もっと詳しくアプリの情報を知りたい場合は、サイト内に体験談や登録方法などを扱った記事もあるので、気になった方はチェックしていただき、ぜひお役立てください。

最後に

出会い系サイトや恋活アプリを使って恋活をする際に、少し使い方が違うだけでも、結果は大きく異なります。

今回紹介したノウハウは、私自身実際に使い込んでみて、さらに友人にも話を聞いてみるなどしながら、成功体験を基に解説をしてきました。

皆様には私たち以上の成功を体感していただきたいと思っていますので、ぜひこの記事の内容をお役立ていただき、恋活や婚活を成就させてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング