出会いがない学生はどうやって出会いを探せばいいの?

「大学生や専門学生になったら素敵な出会いがあると思ってたのに・・・」といった悩みを抱えている学生さんも沢山いるのではないでしょうか。
出会いについて、入学前に思い描いていた理想と現実の差に悩んではいませんか?

大学生になれば新しい環境になり新しい出会いが増えるはずなのに、男性も女性もどうして出会えない学生が増えているのでしょうか。またこのような悩みはどのような方法で解決できるのでしょうか。

そこで、今回は、そんな出会いがない学生のためにどうやって出会いを探せばよいかについてご紹介していきます。

 

出会いがないと悩む学生が増えている!

新しい環境に変わって沢山の人と出会えるはずの大学生活なのに、出会いがないと悩んでいる学生が意外にも多くいます。

ネット社会で生活しているので消極的で待ちの姿勢が基本な人が増えていることも一つの原因ですが、それでも社会人と比べたら学生の間が一番出会いのキッカケは多いはずです。

そんな中で、自分から何もしない状況であれば出会えるチャンスは中々得られません。

また、ネット社会に変化したため、直接会話するよりもSNSやネットからの情報で会話することの方が若い人のコミュニケーション手段となってきています。

その影響もあってか、自分から相手に話しかけたり新しい場に飛び込もうとする積極性や意欲が薄れてきているのです。

出会いがないと悩む学生にはいくつか特徴があります。紐解いていくと、どれも行動一つで解決できるものばかりであることが分かります。

実際にどのような点が問題なのか、出会いがない学生の特徴をまとめましたので、考えていきましょう。

 

出会いがない学生の特徴とは?

出会いがないという悩みを抱えている学生のみなさんには、出会えない原因となっている特徴がいくつかあるようです。

一つずつ解説していきますが、これら全てに共通する点があることが分かります。

 

出会える場所すら知らない

ネット社会ですので大学生であれば情報収集する能力は社会人と比べて長けているはずですが、出会いに対して強い興味関心がないことから出会える場所を知ろうとしない人が多いようです。
「出会いが欲しいとは思うけど自分から調べたり行動するまでの意欲は湧かないかな」というタイプの人達です

 

消極的で自分から行動しない

情報収集することは得意なのに、実際に行動に移すことが苦手なタイプです。こういったタイプの学生はおそらく恋愛においても自分からアタックできない奥手タイプの人が多いです。

せっかく情報は得てるのに実際に行動しないのはとてももったいないですね。多くの出会えるチャンスを逃していることになります。

 

恋愛に興味がない

そもそも恋愛自体に興味がないという人が最近の大学生には多いみたいです。恋愛に興味がないから異性との出会いも必然的に減ってしまうんですね。
中には同性の友達や友達以上恋人未満の友達なら沢山いるという人もいるかもしれませんが、新しい出会いを探すのに恋愛に消極的なのは機会を減らしてしまうことなので良い影響はないですね。

 

出会うためには積極的に行動すること!

出会いがない学生の特徴についてご紹介しましたが、全ての特徴に共通しているのは積極的に行動する姿勢が足りないということです

待ちの状態ではいつまで経っても出会いに恵まれることはありません。自分から積極的に行動してに新しい環境に飛び込むことが大切です。

ですが、行動したいと思っている人の中には「どうやって行動すればいいの?」という疑問や「どういう場所に飛び込めばいいの?」と悩む人もいるのではないでしょうか。
そこで、出会いを沢山得ることのできる行動や出会いの機会が多くある場所についていくつかご紹介していきます。

 

出会いを得るための行動とは?

では、実際に出会いを得るためにはどのような行動をとればいいのでしょうか。いくつかまとめてみました。

 

バイトや趣味などを始めてみる

大学生活の楽しみの一つと言えるのがアルバイトです。アルバイト先での出会いは友達づくりと恋愛どちらも期待できます。

普段学生生活では関わることのない関係なので、色んな話ができたりと仲を深めやすいです。違う環境で育ってきているので、これからの人間関係の幅も広がることでしょう。

 

サークル団体などに所属する

大学生活の中で一番出会いの多い場所はサークルや部活動ではないでしょうか。

学生生活のほとんどをサークルや部活動を通じてできた仲間と過ごす人が多いかと思います。友達づくりが目的な出会いはもちろん恋愛が目的な出会いも沢山得られる場所です。

大学生活で沢山の人と出会いたい人や、出会いがなくて悩んでいる人は自分にあったサークルや部活動を探してみましょう。

 

同性の友達をつくることからはじめる

「いきなり異性との出会いはハードルが高い」という人はまず同性の友達を増やすことから始めてみましょう。

同性の友達を増やしてそこから異性の知り合いを紹介してもらったり、沢山の人と出会える場所を紹介してもらったり人脈の幅を少しずつ増やしていくとよいでしょう。
自分の人間関係だけでは出会えなかった人と出会えるチャンスでもありますし、出会えないと悩む人にとっては出会える方法を知るキッカケにもなるはずです。

また、同性の友達から紹介してもらった出会いであれば安心感もありますよね。中々友達づくりが始められない人はまずは同性の友達づくりから始めてみましょう。

 

出会い系サイトを利用してみる

最近、若い人達の出会い場所としてFacebookやTwitterなどのSNSが利用されています。

ネット上であれば自分の共通の趣味や共通点を持った人を簡単に見つけることができ、意気投合しやすいことなどから、SNSを使って色々な出会いを探す人が増えているようです。

そんな中で、出会い系サイトも一つの選択肢として利用する若い人も増えてきています。

特に、近年では恋愛目的の出会いを求めて利用者が年々増え続けている恋活アプリが注目されています。

恋活アプリは恋人を探すためのマッチングサイトなのですが、Facebook等のSNSとは違って出会いに特化したサービスなのです。

出会い系サイトも恋活アプリもリアルな生活では中々出会えない人と出会える可能性が無限大にあり、出会いに対して消極的な人もネット上ならありのままの自分でアピールできるというメリットもあります。
まちがいなく、今後、若い人達にとっての出会いの場として中心になることでしょう

恋活アプリに関しては出会い系サイトよりも恋愛や友達づくり目的で登録している人が多く、学生のみなさんでも利用できるようなシンプルなサービス内容なので、安心して利用することができます。
また、コミュニティサービスなども充実していますので異性、同性の友達づくりに活用する人達も多いようです。

 

学生におすすめの恋活アプリ

では学生のみなさんが恋活アプリを利用する場合、どのようなサイトがいいのか分からないかと思いますので、実際に利用してみて良かったサービスをいくつかご紹介していきます。

 

ペアーズ

出会いがない学生が沢山利用しているサイトがペアーズです。恋活アプリが流行したきっかけにもなったサービスです。ペアーズは出会い系初心者の人や若い男女でも安心して利用できるサービスが人気で、会員数も安定して伸びているため非常に評価の高い恋活アプリです。

また、恋活しているだけでなく婚活目的で利用している人も多いため、目的に応じて幅広い年齢層の人が登録しています。学生で社会人の人との出会いを求めている人や、歳の差恋愛したい人には向いているでしょう。

20代の利用が一番多いのですが、Facebookなどと連動しているため、知り合いとマッチングすることがないなどの配慮もされているので安心して利用することができます。
恋活アプリでどれを使おうか悩んでいる方は、まずペアーズから利用してみるとよいでしょう

 

ウィズ

大人気メンタリストのDaiGoさんが監修のもとつくられたマッチングアプリです。

恋活と婚活どちらでも利用することができます。芸能人の方が監修されているということもあり、信用性の高いアプリとしてリリースしてすぐに人気がでました。

ウィズではただ異性をマッチングするのではなく、お互いの共通点などから最適な相手を見つけてくれるようになっています

出会い系などのアプリでは目的違いの人と出会うケースも多く面倒でやめてしまったという声も多いのですが、ウィズの場合そのような心配はありません。

また、グループ機能など豊富なコンテンツが揃っていますので、初心者の方でも出会いを楽しめるようなサービスとなっています。
個人的には、出会いの数が多く利用しやすい印象を持ちました。

 

omiai

ペアーズとならんで恋活アプリブームが流行するキッカケとなったのがomiaiです。日本で初めてFacebookと連携した恋活アプリです。すでに他の恋活アプリを利用しているユーザーの中にはomiaiと併用して使いわけている人も多いです。(同じプロフィールを何度かみつけました。)

リリース当初は20代〜30代の社会人の割合が多かったのですが、恋活アプリが流行し始めると同時に学生同士が出会う手段としても利用されるようになりました。
恋活アプリとしてだけでなく、婚活目的や異性の友達づくりを目的として利用している人も多いです。

また、omiaiは多くのユーザーから長く利用されているだけあって、セキュリティやサクラなどの心配もなく安心安全なサイトとして人気があります。
男性会員が安心して利用できるサイトは出会える人の質もいいので、女性会員の質も自然とあがります。男女ともにおすすめのサイトです。

 

タップル

タップル最大の特徴は、なんといっても運営会社がサイバーエージェントグループであるところでしょう。

大手企業のグループ会社からリリースされているため、安心して利用することができます。

また、タップルは広告などの宣伝にもチカラをいれているので、有名ファッション誌などをはじめ知名度の高いメディアで掲載されています。

その結果、これまで出会い系に興味がなかった層の集客にも成功しています。

いろんなジャンルの人と出会えたり、女性の登録が多かったりとこれまでの出会い系とは少し違ったジャンルを持った恋活アプリと言えるでしょう

恋活アプリトップのペアーズやomiaiを追うようなカタチで会員数も増えています。

 

マッチドットコム

マッチドットコムは他の恋活アプリとは違い、日本国内だけでなく世界約25カ国で展開されている超大規模なマッチングサービスです。

FacebookなどのSNSの普及などに伴い国内だけでなくグローバルに出会える環境が増えてきている中で、マッチドットコムのサービスも注目を集めています。
また、マッチドットッコムは“恋が始まる保証プログラム”という制度を取り入れており、サイト内での出会いに苦戦する人がでないよう満足できるサイトづくりに重点を置いているところも好評価を獲得しています。

恋活アプリは数えきれないくらい様々なものが出ていますが、ユーザーの満足度も問われるので、こういった制度はとても喜ばれるでしょう。

 

初心者で出会いを探すならペアーズがおすすめ!

先ほどご紹介した恋活アプリは全て学生のみなさんに自信を持っておすすめできる出会い系サイトですが、「どれから使っていいのか分からない」という方は、まず、ペアーズで恋活デビューしてみましょう

ペアーズは、上記5つの中でもトップと言えるほど若手ユーザーの皆さんから愛用されています。恋活アプリを利用している人でペアーズを知らない人はいないでしょう。

また、ペアーズを進める大きな理由を一つ挙げるなら、恋活アプリ初心者でもすぐに使いこなせる程分かりやすいコンテンツであることです。

また、コンテンツが充実していることと会員数がトップクラスなので、効率よく自分の好みの異性と出会いたいという人にはまさに最適なサイトです
出会い系サイト初心者の方は、サイトを利用することに不安も多くあると思いますが、そのような点もペアーズから利用してみることで解消されるはずです。

ペアーズで恋活アプリについての知識もついてきたら、他の出会い系サイトも利用してみることをおすすめします。
それぞれのアプリによって登録している相手も様々なので、恋愛だけでなく素敵な人を見抜くチカラも同時に養われることでしょう。ぜひ試してみて下さい。

 

同性の友達を探すなら出会い系サイトを!

先ほどご紹介したペアーズなどの恋活アプリは、異性の出会いは沢山あるのですが、同性の出会いは残念ながらありません。
プロフィールが見れるのも異性のものだけになるので、基本的に同性の人と繋がることはできないのです。

そこで、同性の友達をつくりたい方におすすめしたいのが出会い系サイトです。

恋活アプリは“理想の恋人をみつける”ことがメインなので異性との出会いのみになりますが、出会い系サイトは恋人募集はもちろん、趣味ともや同性の人とコミュニティでつながることができます

同性の人と出会いたい人は、恋活アプリではなく出会い系サイトを利用してみてください。
このサイトでもハッピーメールやピーシーマックスなど学生でも利用者の多い出会い系サイトをいくつかご紹介していますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事でお伝えした通り、学生のみなさんには出会える場所がたくさんあります。

「出会いがない」と嘆いている人は、今回ご紹介した内容を活かして積極的に様々な環境へ飛び込んでみてください。

自分自身が行動すればするほど、沢山の出会いに恵まれるチャンスは増えますし、出会える自分を楽しむこともできるようになります。

出会えない理由は原因を理解し改善することで解決できますので、どんどんチャレンジしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめの出会い系サイトランキング